スズキVストローム250[新型バイクカタログ]:気負わずに楽しめるアドベンチャー

Vストローム250 概要

並列2気筒エンジンをはじめ、ホイールやブレーキなどの足まわりもGSX250Rと同系ながら、まったく異なるアドベンチャースタイルを実現。便利なセンタースタンドやDCソケットを標準装備し、大型のアルミ製リヤキャリアは、オプションのトップ/サイドケースをスマートに装着できる。

’20 Vストローム250 ABS

'20 スズキ Vストローム250|トリトンブルーメタリックNo.2

【’20 SUZUKI V-STROM 250 ABS】■水冷4スト単気筒SOHC2バルブ 248cc 24ps/8000rpm 2.2kg-m/6500rpm ■車重189kg シート高800mm 17L ■タイヤサイズF=110/80-17 R=140/70-17 ●色:トリトンブルーメタリックNo.2 パールネブラーブラック×ハイテックシルバーメタリック パールネブラーブラック×ソリッドダズリンクールイエロー パールネブラーブラック ●価格:61万3800円 ●発売日:’19年8月26日※ブラック×シルバーメタリックのみ23日 [写真タップで拡大]

'20 スズキ Vストローム250|パールネブラーブラック/ハイテックシルバーメタリック
'20 スズキ Vストローム250|パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー

[写真タップで拡大]

'20 スズキ Vストローム250|パールネブラーブラック
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはブルーメタリック/ブラック×シルバーメタリック/ブラック×イエロー/ブラックの4色展開。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

Vストローム250に関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車126〜250cc軽二輪クラス【ZX-25Rが牽引する”身近な本格派”市場】

車検不要の軽二輪(126〜250cc)クラスにおいて、ニンジャZX-25Rの登場により軽量スポーツマシンの価値観が大きくシフトした’21年。オフロード車も本気度を増す中、レブル250が好調に販売を伸ばすのはクラス唯一のアメリカンだからか? 他と被らない存在感が優位性を発揮する。 手軽さよりも本気度。求められる”存在感” 国内において”車検不要の最大排 […]

’19 オフロード人気バイクランキング【マシン・オブ・ザ・イヤー投票】

その年のモデルからファン投票で人気ナンバー1を決める、ヤングマシンが誇るガチ企画「第47回マシン・オブ・ザ・イヤー(MOTY)」。「オフロード」部門では、ホンダのアフリカツインがヤマハ セローから首位の座を奪還した。 オフロード部門〈総評〉圏内は変動すれど次回も2強のバトルは必至か? 前回のオフロード部門は、生産終了から1年後に復活したヤマハ セロー250が大量票を獲得し、覇者に輝いた。それまで& […]

’20新車バイク総覧〈150〜250cc車検レス|国産車#5/5〉スズキ

国産4メーカーから多彩なモデルが出揃う激戦区・250cc車検レスクラス。スズキは話題の新油冷フルカウル・ジクサーSF250を筆頭に、GSX250R、Vストローム250、ジクサー150を’20モデルとしてラインナップする。 ジクサー SF 250:新油冷の軽量フルカウル インドで大ヒットのジクサーシリーズがフルモデルチェンジ。最大排気量の250がフルカウル・SFとSTDネイキッドの2本立てで新登場。 […]

2019新車走評:250ccアップライトスポーツ編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #15]

ここではネイキッドやアドベンチャーなどフルカウルスポーツ以外の250モデルを紹介。普段の足としても扱いやすく、ツーリングの相棒としても快適。そして何よりライダーそれぞれが憧れるスタイルが手の届きやすい価格で揃っている。これらが高バランスでまとまっており、ビギナーの教科書としても格好の1台だ。 年々高まる250クラスの再評価 ここ数年、その存在価値が大きく再評価されている250ccクラス。フルカウル […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報