スズキGSX-S1000[新型バイクカタログ]【フォルムも尖り系にした俊足ファイターウェポン】

スズキGSX-S1000[新型バイクカタログ]

’21 GSX-S1000 概要

初代は’15年に発表され、国内仕様も設定。旧GSX-R1000ゆずりのエンジンを軽量なアルミツインスパーフレームの車体に搭載したストリートファイターで、鋭い走りが人気を集めているモデルだ。

ユーロ5対応となる’21モデルは’21年6月より欧州をはじめ世界各国で順次発売され、国内では’21年8月に発売された。そのスタイルは従来の猛獣を思わせる有機的なデザインからエッジの効いたメカニカルなものに変わっただけでなく、スズキとしては初となるモノフォーカスタイプのLEDヘッドライトを縦2連に並べる独特の意匠を採用した。

時代の潮流に合わせて電子制御スロットルとなり、新たに3段階出力特性/5段階トラクションコントロール/クイックシフターを統合管理する「S.I.R.S(スズキインテリジェントライドシステム) 」も搭載。パワーは従来よりアップの152psとなった。

’21 GSX-S1000

'21 スズキGSX-S1000 | トリトンブルーメタリック

【’21 SUZUKI GSX-S1000】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 998cc 150ps/11000rpm 10.7kg-m/9250rpm ■車重214kg シート高810mm 19L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン) ●色:トリトンブルーメタリック グラスマットメカニカルグレー グラススパークルブラック ●価格:143万円 ●発売日:’21年8月4日 ※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

'21 スズキGSX-S1000 | グラススパークルブラック
'21 スズキGSX-S1000 | グラスマットメカニカルグレー

カラーバリエーションはブルーメタリック/グレー/ブラックの3色展開。 [写真タップで拡大]

'21 スズキGSX-S1000 | エンジン
'21 スズキGSX-S1000 | エンジン内部イラスト

【ユーロ5対応+4psアップ】吸気カムシャフト、バルブスプリング、クラッチ、排気系など上記画像の黄色い部分を刷新。ユーロ5対応と同時に4psアップを果たした。 [写真タップで拡大]

'21 スズキGSX-S1000 | 最新電子デバイス実装図解
[写真タップで拡大]

【最新電子デバイス実装】ライドバイワイヤ̶を採用した最新の電子制御で強化。3段階パワーモード/5段階に広がったトラクションコントロール/オートシフターを備える。

'21 スズキGSX-S1000 | 待望の大型 LCDパネル
[写真タップで拡大]

【待望の大型LCDメーターパネル】メーターは大型化された反転液晶パネルに変更。筐体や全体的なスタイルはKATANAを踏襲するが、追加された電子制御の表示項目が増えている。※写真は欧州仕様

'21 スズキGSX-S1000 | LEDヘッドライト
'21 スズキGSX-S1000 | テールランプ

【縦型モノフォーカスタイプLED】スズキとしては初となるモノフォーカスタイプのLEDヘッドライトを縦に2つ並べてイメージ一新。テールランプやウインカーもすべてLEDだ。※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

'21 スズキGSX-S1000 | メーターカバー
'21 スズキGSX-S1000 | フレームサイド

【大理石なマダラ調メーターカバー/フレームサイド】メーターカバーやフレームサイドは大理石調のマダラ模様で質感をアップ。これまでのスズキ車に見られなかった新しい演出手法だ。※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

'21 スズキGSX-S1000 | ウイングレット
'21 スズキGSX-S1000 | シングルシートカバー

【スズキ量産車で初のウイングレット】前方に設置されたウイングレットはスズキ量産車では初。オプションのシングルシートカバーと共にメカニカルな雰囲気を引き立たせている。※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

GSX-S1000に関連する記事

’21新型スズキGSX-S1000徹底解剖:開発者インタビュー【攻撃的なネイキッドの美しさ】

フルモデルチェンジして発売されたスズキGSX-S1000について、発売時点での新型コロナ禍の状況を鑑み、スズキは開発陣のインタビュー映像をメディア向けに配信した。ここでは6人の開発者を紹介するとともに、彼らが新型GSX-S1000に込めた技術/知恵/思いをまとめてお伝えする。 アグレッシブなニューフェイス参上 ’21年8月4日、スズキはフルモデルチェンジとなった新型GSX‐S1000を […]

’21新型スズキGSX-S1000徹底解剖:新旧&ライバル比較・総括【先代から確実なブラッシュアップを果たした】

ワインディング/高速道路/市街地とあらゆるシーンで新型スズキGSX-S1000の実力を検証した今回の企画。先代のスポーツ性を継承し、最新電子制御で武装したGSX-S1000は、ビギナーからベテランまで、スポーツバイクとしての魅力が詰まった車両だ。本記事では、テスター丸山浩氏が今回の比較結果全体を総括する。 総括:GSX‐Sの面白さはK5エンジンに帰結する 基本キャラクターとしては先代のスポーツ性を […]

’21新型スズキGSX-S1000徹底解剖:ライバル比較編〈vs MT-09/ニンジャ1000SX〉

新型スズキGSX‐S1000の実力を検証する今回の企画。本記事では、ライバル対決として’21年夏に国内登場した3代目ヤマハMT-09SPと、カワサキの直4ベストセラー・ニンジャ1000SXの2台もワインディングに持ち込み、テスター丸山浩氏が比較試乗を行なった。 ヤマハMT-09:まったく異なる峠の世界観 まずは同じスポーツネイキッドのMT-09からだ。試乗したのはフロントにKYB、リヤ […]

’21新型スズキGSX-S1000徹底解剖:新旧比較インプレ・高速&街乗り編【電子制御追加で使い勝手が向上】

新型スズキGSX‐S1000の実力を検証する今回の企画。電子制御スロットルとなり、新たに3段階のパワーモードや5段階のトラクションコントロール、クイックシフターなどを装備したが、それらは高速走行や市街地ではどう影響するのか? ワインディング編に引き続き、テスター丸山浩氏が新旧モデル合わせて試乗比較する。 中間パワーの底上げが高速移動もより俊足に 峠に至るまでの高速道路では、新型の速さが際立っていた […]

’21新型スズキGSX-S1000徹底解剖:新旧比較インプレ・ワインディング編【さらなる速さと拡張性をゲット】

新型スズキGSX‐S1000の実力を検証する今回の企画。電子制御スロットルとなり、新たに3段階のパワーモード/5段階のトラクションコントロール/クイックシフターなどを装備したが、それらはワインディングにおいてどう影響するのか? 『ヤングマシン』誌メインテスター丸山浩氏が新旧モデルを比較する。 GSX-S1000:ベストセラーマシンが装いも新たに正常進化だ スズキのリッタースポーツネイキッド「GSX […]

’21新型スズキGSX-S1000徹底解剖・新旧ディテール比較【フォルム完全刷新。磨き抜かれたスタイリング】

「まるでガン◯ムかSFロボットか? コイツ羽根まで生えてるぞ!」と、驚きの近未来スタイルで生まれ変わった新型スズキGSX-S1000。名機’05 GSX-R1000譲りのスーパースポーツエンジンで、街〜高速〜峠とあらゆる公道シーンを疾風のように駆け抜ける。最新ストリートファイターの魅力の原点を新旧比較にて浮き彫りにする。まずは新旧両モデルのディテール徹底比較からスタートだ!! スタイリ […]

2021新型バイク総まとめ:日本車大型ネイキッドクラス【GSX-S1000の電撃刷新でサイバー系が躍進!】

ユーロ5対応とともに電脳進化が進む大型ネイキッドクラス。’21年はGSX-S1000がフォルムも未来を先取したかのようなサイバーな雰囲気になって新生。MT-09&07兄弟もモノアイのニューフェイスで国内登場した。迎え撃つ既存モデルも熟成にて勝負を挑む。 スズキとヤマハの新作ネイキッド対決に注目 フルカウルを持たず、むきだしのエンジンが存在を主張するネイキッドクラスは、どんな時代でも&# […]

’21スズキGSX-S1000発売【新時代を切り開くモノフォーカス過激スタイル+電子デバイスも充実】

スーパースポーツ車ベースながらライダーフレンドリーなスズキGSX-S1000が、縦重ねモノフォーカスLED&ウイングレットのアグレッシブな姿に大変身! 熟成されたK5エンジンはさらに磨き抜かれ、電子デバイスも満載。ファイター系ストリートバイクの新たな基準を、自ら書き換えた! ※タイトル写真は欧州仕様 ルックスはとことん過激に。中身は着実にブラッシュアップ ファイター系ストリートバイクのGSX-S1 […]

価格は143万円! スズキ新型「GSX-S1000」国内モデル正式発表…デザイン刷新&最新規制対応

スズキは、海外で先行発表されていた新型GSX-S1000の国内モデルを正式発表。モノフォーカスタイプのLED縦眼2灯ヘッドライトを軸とした、エッジの利いたデザインに刷新され、ラジエターシュラウドにはウイングも装備する。発売日は2021年8月4日だ。 平成32年(令和2年)国内排出ガス規制に対応 スズキは、世界同時発表ののち2021年6月より欧州をはじめ世界各国で順次発売するとしていた新型GSX-S […]

スズキ新型「GSX-S1000」登場! ウイング採用の新デザインとパワーアップしたエンジン

スズキは、ストリートスポーツバイク「GSX-S1000」の全面改良版を世界同時発表。2021年6月より欧州をはじめ世界各国で順次発売する。スズキのバイクとしては初採用となるモノフォーカスタイプの縦目2灯LEDヘッドライトを採用し、新たに電子制御スロットルを備えた999cc並列4気筒エンジンは152psに出力向上している。 さらにワイドレンジなパワーを手に入れたK5エンジン スズキは、ストリートスポ […]

突如現る! スズキ新型「GSX-S1000」ティーザー映像公開…令和のスーパーネイキッド?

スズキは、グローバル向けのYouTubeチャンネルで『THE BEAUTY OF NAKED AGGRESSION』と題した映像を突如公開。新型「隼(ハヤブサ)」に続く2021年モデルとして、GSX-R1000ベースのスーパーネイキッドが動き出した。車両の全貌が見られるのは4月26日だ! 縦目3灯!? 左右ウイングの存在、そして気になるエンジンは…… スズキは、グローバル向けYouTubeチャンネ […]

2021新車バイクラインナップ〈大型ネイキッドクラス|日本車最新潮流解説〉

’21年の大型ネイキッドカテゴリーは各メーカーとも続々とユーロ5に対応したモデルチェンジを実施。同時にヤマハMT-09/07やホンダCB1000Rなど、スタイリングもさらに未来を先取りしたかのような新しいセンスが採り入れられている。電脳化もますます進んでおり、目が離せない。 大型ネイキッド:’21はプレミアムなZ H2に主力価格帯のMT兄弟が挑む むき出しのエンジンがメカニ […]

’20年2月発売の新車バイク情報まとめ〈第2弾追加×14台〉

各車両メーカーから’20年2月にリリースされるニューモデル・追加第2弾として、ホンダ、CB1000R、ヤマハ MT-09 ABS、XSR900 ABS、トレーサー900 ABS/GT ABS、スズキ GSX-R125ABS、GSX-S125 ABS GSX-S1000F ABS、GSX-S1000 ABS、GSX-S750 ABS、ハーレーダビッドソン ファットボーイ30周年記念モデル、ロードグラ […]

スズキ GSX-S1000F/GSX-S1000/GSX-S750がカラーリング変更、2020年モデルも価格は据え置き

2019年のカラーチェンジでフロントフォークのアウターチューブを黒アルマイトに統一したGSX-Sシリーズは、2020年モデルで一部色を除きマフラーをブラックアウト。全体にダーク&シャープなイメージで統一されることになった。発売は2020年2月20日。価格は据え置きで主要諸元にも変更はない。 GSX-S750 ABS[2020Model] GSX-R750由来の並列4気筒エンジンを搭載したスポーツネ […]

’20新車バイク総覧〈大型ネイキッド|国産車#5/5〉スズキ

攻撃的で独特なフォルムを持つビッグネイキッドクラス。1000㏄モデルはスーパースポーツの心臓を積むモデルが多い。一方でミドルクラスはフレンドリーな車両が多いのが特徴だ。このクラスの’20スズキ車は、カラー変更でひとまず静観。今後の動きに大いに期待だ。 野獣系マッスルネイキッド〈GSX-S1000〉 GSX-S1000Fの兄弟車となるカウルレス仕様。専用装備としてハンドルマウントのビキニカウル+異型 […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報