第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

マット [’22後期新型バイクカタログ]:レトロでスタイリッシュ! “手の届くカスタムモデル”をラインナップ


●まとめ:ヤングマシン編集部 ※情報更新日:2022年9月22日

ビンテージ感溢れる小排気量モデルを多数用意!!

’13年にイギリスで生まれた、比較的新しいブランドがマット(MUTT)。センスあふれる小型モデルを製造していて、本店はかつてバイク製造で栄えたバーミンガムはディグベスにある。

元々創業者はハーレーなどをベースとした、ハイエンドなビンテージカスタムバイクの受注生産をしており「そのかっこよさはそのままに、手が届きやすく、扱いやすいカスタムバイクを」というコンセプトで誕生。

街乗りでも楽しさを味わえるよう、ラインナップされている排気量は250と125のみとコンパクト。価格についても、比較的抑えられているモデルが多い。

“マスティフ”など犬種を車名にしたモデルがあるのも同社の特徴で、’21では”アキタ”が新登場。日本の秋田犬をイメージしたモデルだ。’21年の途中からは、全モデルがユーロ5に適合。

提携カフェで使えるドリンクチケットをオーナーに配布したり、’22年には’70〜’80年代をイメージしたレザージャケットを発売したりと、独自の世界観をさらに盛り上げるような施策も打ち出している。また’22の6月からは、為替変動などに対応するため各モデルの価格を変更。RS-13 250/125が国内ラインナップからはディスコンに。

マット 最新モデルの動向

  • レトロなカスタムモデル多数
  • ’13年誕生のイギリスブランド
  • 250と125のみとコンパクト
  • ’21年の途中でユーロ5適合
  • ’22年6月から全車の価格を変更


マット ラインナップ

ヘリテイジ/ネオクラシック




※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。



新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース