第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ランブレッタ[’22後期新型バイクカタログ]:ネオクラ頂点モデルやシャープな洗練スクーターなど新顔続々

ランブレッタ[’22後期新型バイクカタログ]

●まとめ:ヤングマシン編集部 ※情報更新日:2022年10月7日

伝統を守りつつ装備などは現代的に

スポーティな走りが評判を呼び、’50~’60年代にはベスパと人気を二分したのがイタリアのランブレッタ(LAMBRETTA)だ。現在はネオクラ的なデザインのスクーターブランドとして知られ、1947年には最初のスクーターを発表している。

実は’17年に、約半世紀ぶりに復活。KTMなどでおなじみのキスカデザインが担当した伝統のスチールモノコックは、懐かしくも現代的。航空技術を駆使して超薄型鋼板を組み合わせ、軽やか&パワフルな走りが楽しい。

主軸であるVスペシャルシリーズをみても灯火類はすべてLED化しており、レトロなメーター部には液晶モニターも設置。グロープボックスにはUSBチャージャーも装備するなど、伝統と最新技術をうまく融合。’22ではマットグリーンにマットブラック、鮮やかなイエローなど新色を設定。

また’22後期のトピックはニューモデルの登場について。’19年のミラノショーでお目見えしたG325スペシャルがG350と名前を変えてデビュー。Vスペシャル同様のネオクラシックモデルであり330.1ccエンジンを搭載する新フラッグシップだ。

モダンに洗練されたX300も新発表。セミモノコックとされたボディのデザインはエッジの効いたシャープなもの。ブルートゥースにキーレスエントリーなど装備も最新だ。

どちらのモデルも、’23年の春には日本導入が予定されているぞ。

ランブレッタ 最新モデルの動向

  • 優れた動力性能で知られた老舗
  • 現在も伝統と最新技術を融合
  • USBチャージャーなど装備も充実
  • ’23からネオクラ新頂点モデル発売
  • モダンデザインの新型も登場するぞ


ランブレッタ ラインナップ

スクーター


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。



新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース