カワサキZ900RSシリーズ[新型バイクカタログ]:50周年記念車は初代Z1風味のツヤツヤファイヤーボール

Z900RSシリーズ 概要

大型2輪クラスでトップセラーを驀進中のヘリテイジモデル。モチーフはもはや説明の必要がないカワサキ直4の祖=Z1だ。ストリートファイター系ネイキッド・Z900のエンジンとシートレールを改修した車体をベースに開発されたため、スタイルは昔風でも中身や走りは最新。トラクションコントロール/アシストスリッパークラッチ/倒立フォーク/ラジアルマウントブレーキキャリパー/全灯火LEDといった現代的装備で身を固めている。

’22モデルとしては、STDに’75年式のZ1Bに用いられた通称”青玉虫”カラーを採用。ビキニカウル/ローハンドル/段付きシートを有する「カフェ」の方は、シルバーストライプの入ったブラックで、シートがブラウン×ブラックのツートーンだ。どちらも諸元は変わらない。また、足まわりを豪華に固めた上級仕様の「SE」もデビュー。こちらのカラーリングは黒×黃の”イエローボール”仕様! 人気集中は必至だろう。

さらに、’22年1月6日にはZシリーズの50周年を記念したモデル「Z900RS 50th Anniversary」が発表された。STDをベースに、カラーは独自技法で重ね塗りされたファイヤーボール(火の玉)を採用。高級感のある特別装備で各所がアップグレードされている。

’22 Z900RS 50th Anniversary

初代Z1を思わせるカラーで大人気となった’18年の初代Z900RS。アニバーサリーカラーはこれを想起せずにはいられない「キャンディダイヤモンドブラウン」だ。なお、当モデルはZ900RS SEとは別ラインだ。

標準モデルからの主な変更点は以下の通りとなる。

・キャンディカラーを独自の技法で重ね塗りした艶やかで深みのあるフューエルタンク塗装
・フューエルタンク上部に印されたZ50周年ロゴ
・サイドカバーや左右エンジンカバーにあしらわれた専用のエンブレム
・デザインを強調するゴールドカラーのホイール
・上質感を高めるシボ入りの専用シート表皮
・標準装備されたグラブバー

カワサキ Z900RS Anniversary|キャンディダイヤモンドブラウン

【’22 KAWASAKI Z900RS Anniversary】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 948cc 111ps/8500rpm 10.0kg-m/6500rpm ■車重217kg シート高800mm 17L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:キャンディダイヤモンドブラウン ●価格:149万6000円 ●発売日:’22年2月1日 [写真タップで拡大]

’22 Z900RS SE

’18年の登場から3年連続でベストセラーとなっているレトロスポーツモデル・Z900RSを下敷きにしたハイグレードモデルで、ブレンボ製のフロントブレーキパッケージと、オーリンズ製のハイグレードリヤショックを装備。これに合わせてフロントフォークはアウターチューブをゴールド仕様とし、カラーリングには’73に欧州でのみ発売されたという伝説の“イエローボール”をまとう。

スペック上はサスペンショントラベルや車重などもノーマルとほぼ同じだが、最低地上高&シート高は10mmアップしており、積極的な走りに対応しているものと思われる。

フロントブレーキは、ブレンボ製のΦ300mmダブルディスク/M4.32ラジアルマウントモノブロックキャリパー/ブレーキパッドを装備。ラジアルポンプ式マスターシリンダーはニッシン製の小径とし、STDのΦ19.1mmに対しΦ17.5mmとした。また、ステンレスメッシュのブレーキホースがダイレクトなタッチと高いコントロール性を実現している。

リヤショックはオーリンズ製S46。シングルチューブ構造のアルミニウムボディを採用し、フローティングピストンで仕切られたΦ46mmの大型ピストンとガスチャンバーが、優れた路面追従性と確かなダンピングを発生し、グリップ感やハンドリングの向上、よりしなやかなライドフィールに貢献する。市販品とは異なり、密閉性に優れたダブルリップ式ダストシールを採用しているのもポイントだ。

このリヤショックの採用に合わせ、Φ41mm倒立フロントフォークのセッティングを最適化するとともに、アウターチューブをゴールド仕様に。同じくゴールド仕様の前後ホイールが華を添える。

また、リヤサスペンションはセッティングの変更に便利な油圧リモート式プリロードアジャスターとダイヤル式リバウンドダンピングアジャスターを装備。オーリンズロゴを刻印したプレートも備えている。

'22 カワサキZ900RS SE|メタリックディアブロブラック

【’22 KAWASAKI Z900RS SE】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 948cc 111ps/8500rpm 10.0kg-m/6500rpm ■車重215kg シート高810mm 17L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:メタリックディアブロブラック ●価格:160万6000円 ●発売日:’22年1月21日 [写真タップで拡大]

足まわり

'22 カワサキZ900RS SE|フロントブレーキ
'22 カワサキZ900RS SE|リヤホイール

Φ300mmダブルディスクにM4.32ラジアルマウントモノブロックキャリパーを組み合わせる。ラジアルポンプ式マスターシリンダーはニッシン製の小径(Φ19.1mm→Φ17.5mm) 。倒立フォークとホイールはオーリンズ製リアサスペンションに合わせてゴールド仕様だ。 [写真タップで拡大]

'22 カワサキZ900RS SE|リアサスペンション

オーリンズ製S46リヤショックはフルアジャスタブルで、油圧リモート式プリロードアジャスターとダイヤル式リバウンドダンピングアジャスターを備える。サスストロークは前120mm/後140mmだ。 [写真タップで拡大]

STDのシルバーに対し各部をブラック仕上げに

Z900RS SE ブラックアウトパーツ
Z900RS SE ブラックアウトパーツ

[写真タップで拡大]

Z900RS SE ブラックアウトパーツ

【SE ブラックアウトパーツ】SEはFIカバーとラジエーターのサイドカバーにブラックアルマイト加工を施し、フロントフェンダーのステーも黒仕上げ。 [写真タップで拡大]

’22 Z900RS

’22年モデルのカラーバリエーションは従来のイエロータイガーことキャンディトーングリーンと、黒×銀のエボニーは廃止され、継続カラーなしの新色ラインナップとなった。

今回のカラーリングのうち、キャンディトーンブルーと呼ばれる新色は’75式のカワサキZ1(形式名Z1B) の復刻カラー。マニアには通称”青玉虫”と呼ばれる人気色だ。そしてもうひとつは、いわば”黒玉虫”と呼べそうなメタリックディアブロブラックで、こちらは’04モデルのゼファーシリーズがモチーフとなっている。

’18モデルのZ900RSは通称「火の玉カラー」と呼ばれる、’73の初代Z1を再現したキャンディトーンブラウン×キャンディトーンオレンジで登場。’19モデルは継続販売され、’20モデルでは’74式Z1をモチーフとした前述の「イエロータイガー」を採用した。そして今回は’75式というわけだ。

いずれもブラック系のエボニーが併売されてきたが、’21モデルではシルバーのストライプが入ったグラフィックとされ、これは’05モデルのゼファーシリーズをモチーフとしていた。

今回はZ1系のオマージュカラーとしてZ1Bの青玉虫を採用し、一方のブラック系は前年モデルよりも年代を遡ったゼファーをオマージュした黒玉虫としているのが面白い。オマージュ&アレンジカラーの世界観は、まだまだ広がりそうだ。

主要諸元に変更はなく、ABSとETC2.0を標準装備している。

'22 カワサキZ900RS|キャンディトーンブルー

【’22 KAWASAKI Z900RS】■シート高800mm ●色:キャンディトーンブルー メタリックディアブロブラック ●価格:138万6000円 ●発売日:’21年9月1日 [写真タップで拡大]

'22 カワサキZ900RS|メタリックディアブロブラック

カラーバリエーションはブルー/ブラックの2色展開。 [写真タップで拡大]

'75 900 スーパー4 Z1

【モチーフはZ1Bの”青玉虫”】’18初代Z900RSは’73初代Z1の火の玉、’20は’74Z1Aのイエロータイガーと来て、’22はいよいよ’75のZ1B青玉虫がモチーフに。Zの歴史をなぞってマニア心に応えている。 [写真タップで拡大]

エンジン

'22 カワサキZ900RS北米仕様 | エンジン

【パワーは最新】空冷風のフィンも備えているが、中身は最新水冷直4 。オリジナルZ1と同排気量でも非常にコンパクト。※写真は北米仕様 [写真タップで拡大]

足まわり

'22 カワサキZ900RS|フロントまわり

フロントにはφ41mm倒立フォークとφ300mmディスク+モノブロックラジアルマウントキャリパーをダブルで装着。 [写真タップで拡大]

'22 カワサキZ900RS|リアサスペンション

リヤはカワサキのスーパースポーツにも多く使われるホリゾンタルバックリンク方式の1本サスペンションで走りは現代的。 [写真タップで拡大]

'22 カワサキZ900RS| トラクションコントロール入りメーター

【トラクションコントロール入り】往年のZのような砲弾型ハウジングを持った2連アナログメーター。ギヤ段数やトラクションコントロールモードなどを表示する液晶部を中央にセット。 [写真タップで拡大]

主要装備

'22 カワサキZ900RS北米仕様|1灯6眼LED

【1灯6眼LED】丸形ハウジングのヘッドライト内は6つのLEDユニットで構成。昔と現在がうまく同居するデザインで仕上げられている。 [写真タップで拡大]

'22 カワサキZ900RS|懐古調LED

【懐古調LEDテールランプ】テールランプもLEDだが、あえて昔のハロゲンバルブのように見えるような発光に調整。前後ウインカーも細身のLEDだ。※写真は北米仕様 [写真タップで拡大]

’22 Z900RSカフェ

従来の曲線ラインやグラデーションを活かしたグラフィックとは一線を画し、マッスルカーなどのアメリカンスポーツを彷彿とさせる。特徴的なシングル風シートはブラウンのツートーンになり、レザーシートの雰囲気だ。

Z900RSカフェは、世界的な人気モデルとなっているネオクラシックネイキッド「Z900RS」にフェアリングとローハンドル、スポーティなデザインの段付きシートを追加したカフェスポーツ。’18に登場した初代カラーはライムグリーンで、ZRX1200ダエグなどが引き継いできた“ローソンレプリカ”のイメージを現代に継承してきた。

その後はグレーやブラウンといったカラーリングモデルが登場し、日本国内ではZ900RSともども’21モデルが新型コロナ禍の影響もあって品薄になるほど人気が続いている。’18~’20の401cc以上カテゴリーでは国内販売台数で3連覇も達成した。

カワサキが発表した’22モデルは、948cc並列4気筒エンジンや図太いサウンド、アシストスリッパークラッチ、ホリゾンタルバックリンク式リヤサスペンションといった装備に変更なく、メタリックディアブロブラック3と呼ばれる新グラフィックを採用。

主要諸元に変更はなく、ABSとETC2.0を標準装備している。

'22 カワサキZ900RS カフェ | メタリックディアブロブラック

【’22 KAWASAKI Z900RS CAFE】■車重217kg シート高820mm ●色:メタリックディアブロブラック ●価格:141万9000円 ●発売日:’21年9月1日 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

Z900RSシリーズに関連する記事

Z900RSシリーズ・カスタムパーツカタログ〈プロテクションパーツ|ベビーフェイス/ストライカー etc.〉

ベビーフェイス:エンジンの前後左右をがっちりガード アルミ削り出しのベース部と樹脂製スライダー部の組み合わせで、ダメージを最小限に抑えるエンジンスライダーは、左右セットで販売。フレームスライダーは、シリンダーヘッド前方のエンジンマウントに取り付けるFタイプと、エンジン中央に近いシリンダー後方エンジンマウントに取り付けるCタイプの2つがあり、双方を使うことでさらに高い保護性能が期待できる。他にも、前 […]

まるでストリートビュー?! 2022東京モーターサイクルショーを再現した『ヨシムラVRブース』公開

ヨシムラジャパンは、3月に開催された東京モーターサイクルショーに出展したブースをWEB上で再現した『ヨシムラVRブース』を公開した。ブース内を歩き回って視点も変えられ、まるでグーグルマップのストリートビューのような気分で、ゆっくりと展示車両を観察できるぞ! マフラーのサウンドチェックや車両詳細も全部ある! ヨシムラが2022東京モーターサイクルショーに出展したブースをまるごと再現したバーチャルWE […]

Z900RSシリーズ・カスタムパーツカタログ〈サスペンション&ブレーキ#2|アクティブ/プロト/YSS etc.〉

アクティブ:どれも分かりやすい車種別設定品 ハイパープロのサスペンションは、チューニングに必要な一式を揃えた車種別ストリートボックスで、購入時の煩わしさを排除。スプリングのみのキットもある。ブレーキまわりについては、ゲイルスピードのエラボレートキャリパーを取り付け可能とするカラー&ボルトセットを販売。ビルドアラインのブレーキホースも車種別で用意されている。さらに極めつけは、ヤマハのパフォーマンスダ […]

カワサキZ900RSシリーズ・カスタムパーツカタログ〈サスペンション&ブレーキ#1|オーリンズ/ナイトロンetc.〉

オーリンズ:リプレイスサスペンションの代名詞的な存在 KA739は、大口径シングルチューブショックに油圧式リモートプリロード調整をビルトイン。伸側40段の減衰調整に加え、Z900RS SE標準装備のオーリンズサスペンションにはない車高調整機能も完備する。KA740はさらに高い”コシのあるしなやかさ”を達成した、ハイエンドなブラックライン製品。フロントサスペンションもカートリ […]

カワサキZ900RSシリーズ・カスタムパーツカタログ〈バックステップ/ハンドルバー/スイングアームetc. #2〉

ストライカー:疲れ低減はステップバーに秘密アリ スラッシュカットタイプのステップバーは、足の接地面を点ではなく”面”でとらえて足の疲れを軽減。プレート&ペダルは肉抜きを抑えて剛性をアップし、転倒時の損傷を最小限に抑える設計だ。上方20/30mm/後方20/30mmの4ポジション選択に加え、ペダル先端も調整可。セパレートハンドルやスイングアームなど、Gストライカー製品にも注目 […]

カワサキZ900RS用・美しく高機能なラジエターガード〈エッチングファクトリー〉

発売以来、大人気のカワサキZ900RS。手に入れることができたなら、やはり大切にしたいもの。そこでオーナーにオススメしたいのが、エッチングファクトリーのラジエーターコアガード。特殊技術で生み出された美しさと、高い冷却/保護機能を併せ持つ製品だ。 レースで得たノウハウで愛車のラジエーターを保護 本記事で紹介するのは、’18年の発売以来、大人気が続いているZ900RSに向けたアイテム=エッ […]

藤川球児、火の玉カラーのZ900RSついに納車!「球児のK、KawasakiのKだ!」「よっしゃ甲子園行くぞ」

元プロ野球選手の藤川球児さんが、自身のYouTubeチャンネル「藤川球児の真向勝負」にて、待ちに待った大型バイクの新車「カワサキZ900RS」が納車された様子を披露しています。 藤川さんは先日、「カッコいい! これぞ俺のバイクや!」と”火の玉カラー”のZ900RSを見るなりときめき、現役時代さながらの火の玉ストレートを投げる勢いで即決(関連記事)。バイクを買ってから大型二輪 […]

カワサキZ900RSシリーズ・カスタムパーツカタログ〈バックステップ/ハンドルバー/スイングアームetc. #1〉

ベビーフェイス:数多くのライダーたちと進化を続ける ストリートはもちろん、モトGP/AMA/全日本選手権でサポートライダーがテストを行い、日々進化を続けるベビーフェイスのバックステップ。ダブルベアリングの可動部で極めてスムーズな操作性と、バーエンドの盛り上がり部分まで及ぶ切削ロレットにより、雨でも不安のないコントロール性を実現。Z900RS用は上方40/55mm/後方45/57.5mmの4ポジショ […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース