カワサキZ650RS/50thアニバーサリー[新型バイクカタログ]:アニキより約30kgも軽量! スリムな快速ツインZ

Z650RS 概要

’18年の登場以来、大ヒットを続けているZ900RSの弟分。兄貴分は並列4気筒だが、こちらは並列2気筒エンジンを積むストリートファイター・Z650がベースで、鋼管トレリスフレームのシートレール角度をRSに最適化。スポークホイールを想起させるホイールも専用品だ。並列2気筒エンジンは、日常で最も多用する3000~6000rpmの性能とフィーリングを最重視しており、それ以上の回転域でも180度クランクらしいスムーズな吹け上がりを味わえる。最大の魅力はカワサキZのDNAを受け継ぐオーセンティックなスタイルで、パラツインのメリットを活かしたスリムな仕上がりも美点。車重はZ900RSより28kgも軽く、軽さと良好なバランスで大型車を食う走りを見せた初代Z650・通称ザッパーの再来と言っていい存在。’22モデル最大の注目作だ。

また、Zシリーズは’22年をもって50周年となる。これを祝し、兄貴たちと同様Z650RSにも初代Zを思わせる特別仕様車が設定された。「火の玉」カラーリング以外にも各部がアニバーサリー仕様にチューンナップされており、発売日はSTDと同日の’22年4月28日。こちらも要チェックだ。

’22 Z650RS

スタイリング

'22 カワサキ Z650RS|キャンディエメラルドグリーン

【’22 KAWASAKI Z650RS】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 649cc 68ps/8000rpm 6.4kg-m/6700rpm ■車重188kg シート高800mm 12L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=160/60ZR17 ●色:キャンディエメラルドグリーン メタリックムーンダストグレー×エボニー ●価格:101万2000円 ●発売日:’22年4月28日 [写真タップで拡大]

'22 カワサキ Z650RS|キャンディエメラルドグリーン

【令和版ザッパー】68ps/8000rpmという数値はベースのZ650と共通。ミッドシップマフラーや湾曲スイングアームも同様だ。丸目のヘッドライトを含め、灯火類は全てLEDを採用。 [写真タップで拡大]

カラーバリエーション

'22 カワサキ Z650RS|メタリックムーンダストグレー×エボニー

カラーバリエーションはキャンディエメラルドグリーン/メタリックムーンダストグレー×エボニーの2色展開。 [写真タップで拡大]

'22 カワサキ Z650RS|キャンディエメラルドグリーン

「キャンディエメラルドグリーン」は’76年登場の初代Z650[手前]の車体色を再現したカラー。非常に美しい! ※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

'22 カワサキ Z650RS|ライディングポジション

ハンドルは大きくアップ&手前に引かれ上半身はほぼ直立。写真は欧州仕様(=ハイシート)だが踵はほぼ接地する。[身長170cm/体重70kg] ※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

エンジン

'22 カワサキ Z650RS|エンジン
'22 カワサキ Z650RS|エンジン|出力特性

Z650の並列2気筒エンジンをベースモデルとする。6000rpmまでの低中速域ではムラのないトルクカーブを描きつつ、高速域に突入しても伸びがいい。全域を通じて安定感のある出力特性を発揮してくれる。 [写真タップで拡大]

シャーシ

'22 カワサキ Z650RS|シャーシ

しなやかさが自慢のトレリスフレームはZ650から1.5kg軽量化。φ41mmの正立フォークもベース車譲りで、24°/100mmというキャスター/トレール値も不変。 [写真タップで拡大]

足まわり

'22 カワサキ Z650RS|フロントまわり
'22 カワサキ Z650RS|リヤまわり

φ41mm正立フロントフォークにホリゾンタルバックリンク式リヤサスペンションを採用。フロントのφ300mmダブルディスクブレーキとリヤのφ220mmディスクブレーキをボッシュ製ABSが高度に制御する。 [写真タップで拡大]

主要装備

'22 カワサキ Z650RS|ヘッドライト

加飾リングによって彩られた丸型LEDヘッドライトは、全体的にオーセンティックなZ650RSのスタイルに現代的な味付けを加える。 [写真タップで拡大]

'22 カワサキ Z650RS|メーター

メーターはアナログ2眼にギヤポジ/残燃料/燃費/時刻などを表示する小型液晶パネルを組み合わせる。 [写真タップで拡大]

'22 カワサキ Z650RS|タンク

スリムなティアドロップ型タンクはZ650から3L減の12L。公称燃費から計算した航続距離は約280km。 [写真タップで拡大]

’22 Z650RS 50thアニバーサリー

新型車として華々しく登場するZ650RSにもさっそく50周年記念モデル「Z650RS 50thアニバーサリー」が設定された。標準モデルからの主な変更点は下記の通りだ。

・キャンディカラーを独自の技法で重ね塗りした艶やかで深みのあるフューエルタンク塗装
・フューエルタンク上部に印されたZ50周年ロゴ
・サイドカバーにあしらわれた専用のエンブレム
・上質感を高めるシボ入りの専用シート表皮
・標準装備されたグラブバー

カワサキ Z650RS 50th Anniversary|キャンディダイヤモンドブラウン

【’22 KAWASAKI Z650RS 50th ANNIVERSARY】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 649cc 68ps/8000rpm 6.5kg-m/6700rpm ■車重188kg シート高800mm 12L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=160/60ZR17 ●色:キャンディダイヤモンドブラウン ●価格:110万円 ●発売日:’22年4月28日 [写真タップで拡大]

カワサキ Z650RS 50th Anniversary|キャンディダイヤモンドブラウン
カワサキ Z650RS 50th Anniversary|タンク

KAWASAKI Z650RS 50th ANNIVERSARY[2022 model]キャンディダイヤモンドブラウン(BN1) [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

Z650RS/50thアニバーサリーに関連する記事

カワサキ新型Z650RSとZ900RS、選ぶならどっちだ!? 実車徹底比較

Z650RSとZ900RSはかなり相似のレトロスポーツモデル。両車に設定された「Z1」50周年記念モデルはどちらも同じ火の玉カラーを纏うこともあり、なおさらそう感じるだろう。とはいえ1台選ぶとすれば軽快な650か、それとも重厚な900か? ルックスの好みはもちろんだが、日頃のバイクの“使い方”に合わせて選ぶのがオススメだ。本記事の各部比較を通じて、自分の好みに合ったマシンを選んでほしい。 やっぱり […]

カワサキ Z900RS&Z650RS比較試乗!【Z900RSの強さとZ650RSの痛快さ】

Z900RSが登場してから様々なオーナーさんと話をしてきたが、意外なことにカワサキからの乗り換えはそれほど多くなかった。外車だったり、ビッグネイキッドからのダウンサイジング、スーパースポーツからの乗り換え、特に多いと思ったのは他メーカーのミドルクラスからの乗り換えだった。いかにこのスタイルを待ち望んでいたライダーが多かったかである。そんなZが大好きなユーザーの選択肢にZ650RSが加入。大人気のZ […]

カワサキ Z650RS 待望の試乗!【往年のZスタイルをカジュアルに楽しむ!】

空前の大ヒットとなったZ900RS。2017年の東京モーターショーで発表されて以来、その勢いは衰えることを知らない。年々販売台数を増やしているにもかかわらず発表される新車は争奪戦で、近年のバイクブームの一翼を担っている。そして今シーズン、その大人気の意匠を継承する新たなZが登場。649ccの並列2気筒エンジンを搭載するZ650RSにようやく試乗することができた。 憧れのZが身近な存在に! カワサキ […]

〈動画〉風を切れ新生ザッパー! カワサキZ650RS試乗インプレッション【兄貴分Z900RSと徹底比較】

大好評のZ900RSに続いて、’22年4月28日に発売されるカワサキZ650RS。’76年登場のZ650=ザッパーの系譜を間違いなく受け継ぎ、事前情報だけでも業界を沸かせ続けた’22年最注目のモデルだ。本動画ではヤングマシンのメインテスターとしておなじみの丸山浩氏がこのZ650RS、しかも「Z」シリーズ50周年記念のアニバーサリーモデルに試乗。高速からワインディ […]

[’22前期版]国産大型ヘリテイジ総まとめ#2(〜800cc)【本年の注目モデル”Z650RS”登場|新型バイクカタログ】

ビッグバイクの中で、今もっとも人気が集まるヘリテイジクラス。往年のバイクが持つ魅力と現代の技術がもたらす性能が、高いバランスでユーザーニーズにマッチする。’22年の注目はカワサキZ650RSだ。 カワサキ Z650RS/50thアニバーサリー:アニキより約30kgも軽量! スリムな快速ツインZ ’18年の登場以来、大ヒットを続けているZ900RSの弟分。兄貴分は並列4気筒だ […]

カワサキZ650RS/50thアニバーサリー[新型バイクカタログ]:アニキより約30kgも軽量! スリムな快速ツインZ

Z650RS 概要 ’18年の登場以来、大ヒットを続けているZ900RSの弟分。兄貴分は並列4気筒だが、こちらは並列2気筒エンジンを積むストリートファイター・Z650がベースで、鋼管トレリスフレームのシートレール角度をRSに最適化。スポークホイールを想起させるホイールも専用品だ。並列2気筒エンジンは、日常で最も多用する3000~6000rpmの性能とフィーリングを最重視しており、それ以 […]

カワサキ『Z』50年の歴史を4分28秒の動画で振り返る!『Z50th Brand History』公開

カワサキはフラッグシップブランドであるZの誕生50周年を祝う特別仕様モデルを矢継ぎ早に発表し、2022年明けの話題を独占。これに先立ち、年末に公式スペシャルサイト『Z 50th Anniversary Site』をオープンしていた。実はこのサイト、その後も新たなコンテンツが随時投入されるようで……。 アルファベット最後の文字であるZは究極を意味する カワサキは、通称“Z1”こと900 super4 […]

当たっても外れても懲りません【2021年 WEBヤングマシンBEST5・スクープ&予想部門】

2020年6月26日にホンダ・CT125ハンターカブが発売され、モンキー125やスーパーカブC125は新型エンジンに切り替わった。これらに続くホンダの原付二種リバイバルシリーズ第4弾は、プレスフレームを用いたダックス125だ! ……と息巻いたのが2020年12月26日の記事。当初の予想発表時期はとっくに過ぎているが、商標登録などの状況証拠からは2022年の登場で間違いなし! ……のハズ……。このほ […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース