カワサキ バルカンS[新型バイクカタログ]:バンク角を深めに確保してスポーティな走りにも対応

バルカンS 概要

ニンジャ650&Z650のルーツとなったER-6f/n用のエンジンと鋼管フレームをベースに開発され、クルーザーの外観だが自在な運動性能も重視。別売シフトロッドを追加すれば、フットペグを前方に移設できる。北米発表の’22年型は従来型よりスポーティなグラフィックをまとう。日本仕様は’21年が現役だ。

’22 バルカンS[北米仕様]

カワサキ バルカンS|'22北米仕様

【’22 KAWSAKI VULCAN S [US MODEL]】●色:メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックマットグラファイトグレー [写真タップで拡大]

’21 バルカンS

カワサキ バルカンS

【’21 KAWSAKI VULCAN S】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 649cc 61ps/7500rpm 6.4kg-m/6600rpm ■車重229kg シート高705mm 14L ■タイヤサイズF=120/70R18 R=160/60R17 ●色:エボニー ●価格:85万8000円 ●発売日:’20年11月1日 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

バルカンSに関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車大型クルーザークラス【傑作レブル1100が新たなライバルを生み出すか?!】

大型クラスにおいては、世界的な絶対王者としてハーレーダビッドソンが君臨するクルーザークラス。近年、国内メーカー製のラインアップは減少傾向が続いていたのだが、レブル1100の新登場でトレンドがちょっと変わりそうな雰囲気も…。現状の寂しいラインアップからの脱却なるか? レブルシリーズの成功で風向きが変わった 国内メーカー製のビッグクルーザーは、この10年ほどでラインアップがかなり減った。この大きな要因 […]

650の「Z&ニンジャ」先祖は80年代のアメリカンだった!? カワサキ水冷並列2気筒の長〜い歴史

カワサキスピリット=長寿エンジン? W1やマッハIII、Z1やニンジャ(GPZ900R)など、名車と言われる大型モデルが数多いカワサキだが、カワサキというメーカーの特徴に「長寿エンジンの多さ」がある。 たとえば1976年登場のZ650を原点として「ザッパー系」と呼ばれる空冷4気筒750cc(実際は738cc)は、2007年に生産終了となったゼファー750まで存続したし、それより一回り小さい空冷4気 […]

カワサキが北米で「KLX300/SM」「ニンジャ400/650」「バルカンS」2022年モデルを発表!

カワサキは北米で2022年モデルを一挙に発表。Z900RS/カフェやニンジャZX-14R、Zファミリーに続いてご紹介するのは、日本では販売終了したデュアルパーパス車KXL250の北米版「KLX300/SM」と2気筒スポーツの「ニンジャ400/650」、そしてニンジャ650と同系エンジンを搭載する「バルカンS」だ。 パワフルな292cc単気筒、オフロードモデルKLX300Rの兄弟車「KLX300」 […]

2021新車バイクラインナップ〈日本車大型クルーザークラス〉レブル/ゴールドウイング etc.

シートにドカッとお尻を乗せて足を前に投げ出すような、スポーツライディングとは対極にあるポジションが特徴的なクルーザーモデル。最近はゴールドウイングなどのツアラーも合わせて”クルーザー”と呼ばれるようになっている。’21年はホンダからレブル1100が登場することにより、国産クルーザークラスが活性化する可能性が高い。本記事ではホンダレブル1100/500/ゴールドウ […]

カワサキ’21モデルの新色はほぼ出揃った!〈後編|Z900RS/W800/バルカンS〉

Z900RS/カフェ:ゼファー風ツートーンが追加 ’18年の登場以来、ベストセラーに輝くZ900RS/カフェに新色が設定された。RSは黒ベースに銀の水平ストライプを採用。シックながらスピーディな配色は、’05ゼファーシリーズがモチーフと見られる。従来色の黒を廃し、緑×黄は継続だ。カフェは、黒に茶色のグラデーションを配した激シブ色が登場し、2→1色設定となった。 W800:現 […]

ニンジャ系の650ツイン搭載、アーバンクルーザー「バルカンS」’21新色、本日11/1発売

カワサキは、幅広いライフスタイルにフィットするアーバンクルーザー「バルカンS(VULCAN S)」にニューカラーを設定。2020年11月1日に発売する。価格は据え置きの85万8000円だ。 ダークブルーのタンクが印象的な新色が登場、従来色は継続せず交代 ニンジャ650/Z650ゆずりのパラレルツインエンジンを搭載し、リラックスしたライディングポジションと深めのバンク角でさまざまな走りや用途に対応す […]

ニンジャ系の650ツイン搭載、アーバンクルーザー「バルカンS」にニューカラー登場

カワサキは、幅広いライフスタイルにフィットするアーバンクルーザー「バルカンS(VULCAN S)」にニューカラーを設定。2020年11月1日に発売する。価格は据え置きの85万8000円だ。 ダークブルーのタンクが印象的な新色が登場、従来色は継続せず交代 ニンジャ650/Z650ゆずりのパラレルツインエンジンを搭載し、リラックスしたライディングポジションと深めのバンク角でさまざまな走りや用途に対応す […]

’20新車バイク総覧〈大型クルーザー|国産車#2/2〉ホンダ ヤマハ カワサキ

リラックスした乗車姿勢とロングホイールベースによる直進安定性を誇り、悠々と旅ができる大型クルーザー。カジュアルな外観と軽快な走りが特徴の国産アメリカン系として、ホンダ レブル500、ヤマハ ボルト/Rスペック、カワサキ バルカンSの3台を紹介する。 ホンダ レブル500:無骨&軽快なミドルボバー シンプルなボバースタイルに、くさび型フォルムを組み合わせた斬新な「レブル500」。180度クランクの4 […]

【2020年モデル】カワサキ 新型Z900およびバルカンSの国内仕様が発表! 発売は2020年1月15日

EICMAで発表されたばかりのカワサキ新型Z900が早くも国内仕様導入のアナウンス。「Sugomi」デザインは東京モーターショーで発表されたZ H2と共通のイメージを踏襲しつつ、900ならではの軽快さをアピール。エンジンや電子制御、足まわりなど、全体にアップデートが施されている。同時に登場するバルカンSは色変更。 TFT液晶、スマホ連携、フルLED、ライディングモードも全部乗せ EICMAでひと足 […]

2019新車走評:日欧大型クルーザー編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #11]

クルーザーと言えば、大排気量にものを言わせて優雅に旅するもの、そうしたイメージだけの時代は、もはや終わろうとしている。日本&ヨーロッパ製のクルーザーは、そこに優れたハンドリングや、街でも軽快に付き合えるカジュアルテイストといった新路線を開拓中。最新のモデルたちは、そのスタイリングからは想像できない走りを見せてくれる。最も目からウロコが落ちやすいのは、実はこのジャンルかもしれない。 アメリカ相手に巻 […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報