2021新型バイク総まとめ:日本車大型&ミドルスクータークラス【進撃X-ADVを追う新たなSUV系誕生に期待】

2021新型バイク総まとめ:日本車大型&ミドルスクータークラス

国内メーカー製に限定すると、かなり少数精鋭となるのが大型&ミドルスクータークラス。その代わり、現在新車販売されている機種はどれも大きな魅力や圧倒的な個性を備えている。海外市場向けモデルの国内仕様化にも期待したい!

●まとめ:ヤングマシン編集部

選べる車種は限られるが、利便性と個性に注目すべき

15年ほど前のビッグスクーターブームが嘘のように、日本では静けさに包まれる大型&ミドルスクータークラス。日本で正規購入できる国内メーカーとなると、すべての車種をすぐに思い浮かべられる状態だ。

しかし、このカテゴリーにまったく魅力がないということではない。変速の必要がなくラゲッジスペースを備えるという利便性に、大排気量ならではの動力性能。日常の市街地移動からロングツーリングまで、大型&ミドルスクーターならではの利点は多くある。

大型二輪免許が必要な400cc超はホンダのX‐ADVとヤマハのTMAXシリーズのみだが、そのどちらも根強い人気を誇る。スクーターにアドベンチャーの要素を盛り込んだのがX‐ADVで、スーパースポーツ並みの運動性能を求めたのがTMAX。かつてのラグジュアリー系はいずれも廃止されているが、2強に対抗する新機種の導入を願わずにはいられない。

250cc超400cc以下は、スズキ バーグマン400とヤマハ トリシティ300のみ。400ccクラスそのものが苦戦中なので、これはまあ仕方がないといったところか…。

日本車大型クルーザークラスの最新潮流

  • 充実内容でマイナーチェンジしたX-ADVに要注目
  • バーグマン400がモデルチェンジでユーロ5対応
  • X-ADVシリーズのヒットでSUV系スクータージャンルが大型クラスにも確立

日本車大型&ミドルスクータークラス ラインナップ

排気量401〜750cc

排気量251〜400cc


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|最新バイク情報