2021新型バイク総まとめ:日本車大型アドベンチャークラス【新型トレーサーなどオンロード重視系が台頭】

2021新型バイク総まとめ:日本車大型アドベンチャークラス

旅先で遭遇したダートも走破できる性能を…というのが本来のコンセプトとなる大型アドベンチャークラスだが、近年は舗装路でのツアラー性能を重視した”オンロードアドベンチャー”系が台頭。ゆったりとしたライディングポジションや優れた積載性で長旅にいざなう!

●まとめ:ヤングマシン編集部

電子制御の高度化により、旅の快適性を磨くのが主流

’20年型では、オフロード性能も高められたホンダ アフリカツインシリーズのモデルチェンジ(1000→1100)やヤマハ テネレ700の新登場などもあった国内メーカーの大型アドベンチャークラスだが、基本的にはオンロードでの走行性能を重視した車種が多い。つまり、国産ビッグアドベンチャーは快適ツアラーの一形態とも言える。

近年は電子制御スロットルや6軸IMU(慣性計測装置)/セミアクティブサスペンション(以下電サス)などの電子制御機能を積極的に導入する機種も多く、これらを走らせる楽しさや旅での快適性につなげる。特に電サスは、旅の途中で刻々と変化する路面状況に瞬間対応できるアイテムとして、ライディングモードと同じくアドベンチャーとの親和性にかなり優れている。’21年7月には、モデルチェンジを果たしたヤマハ トレーサー9GTが国内デビュー。こちらにもKYB製の電サスが搭載されている。

リッタークラスと並び注目を集めるのは、ナナハン前後のミドルクラスアドベンチャー。巨大すぎない適度な車格がもたらす汎用性の高さが、今後さらに人気となる可能性も…。

日本車大型アドベンチャークラスの最新潮流

  • 新型トレーサー9GTが国内販売開始
  • NC750Xはファン性能アップ
  • Vストローム兄弟に’21新色登場
  • 主力車はほぼ電子制御スロットル化完了

日本車大型アドベンチャークラス ラインナップ

排気量1001cc〜

排気量751〜1000cc

排気量401〜750cc


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|最新バイク情報