2021新型バイク総まとめ:日本車50cc原付一種クラス

2021新型バイク総まとめ:日本車50cc原付一種クラス

日本独自規格の50ccは、残念ながら現状維持で変化ナシ。今後はカーボンニュートラルに舵を切った社会と時世に合わせ、EV化が進むものと思われる。

●まとめ:ヤングマシン編集部

日本独自の原一クラスは電気で楽しむ時代の先駆け!?

かつては通勤/通学/買い物の足として重宝された50ccだが、この1年ではラインナップに変化なく、継続モデルがほとんど。近距離移動では低コスト化している電動アシスト自転車の方が優勢になっており、原付一種独自の交通ルールや都市圏における駐輪場不足も需要が減少している大きな要因だろう。

その中でも健闘しているのがホンダで、原付二種モデルと共有部分が多いとはいえ、クロスカブやスーパーカブは実用面やファン領域でも確実な人気を得ている(アニメなどの影響もあるかも)。

日本車50cc原付一種クラス ラインナップ

ビジネス&ファンバイク

スクーター


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報