2021新型バイク総まとめ:日本車126〜250cc軽二輪クラス【ZX-25Rが牽引する”身近な本格派”市場】

2021新型バイク総まとめ:日本車126〜250cc軽二輪クラス

車検不要の軽二輪(126〜250cc)クラスにおいて、ニンジャZX-25Rの登場により軽量スポーツマシンの価値観が大きくシフトした’21年。オフロード車も本気度を増す中、レブル250が好調に販売を伸ばすのはクラス唯一のアメリカンだからか? 他と被らない存在感が優位性を発揮する。

●まとめ:ヤングマシン編集部

手軽さよりも本気度。求められる”存在感”

国内において”車検不要の最大排気量”である250クラスは、広いユーザー層の人気を集め、かつては”お手軽”から”マニア向け”まで多様なカテゴリーで多種のバイクが存在した。

しかし近年の主流は”身近な本格派”。その最右翼が直4搭載のニンジャZX-25Rで、超高回転まで一気に吹け上がる感覚を多くのライダーが”普通に味わえる”のは、現代スポーツバイクの僥倖。この盛り上がりにライバルメーカーも追従し、4気筒モデルの増加が望まれる。

とはいえ他のSS勢もブラッシュアップ。CBR250RRは多岐に渡ってエンジンに手を入れてパワーアップを図り、スズキは独自の油冷エンジン搭載のジクサーで対抗。またネイキッドも含め、新色が余さず投入されているのも活況でなにより。

オフロードでは戦闘力を高めたCRF250L/ラリーのモデルチェンジも、お手軽から本格へのシフトの一例。また、レブル250の衰えない人気を見ると、手軽でありながらも他にない存在感が求められているのだろう。

その他、ジクサー150やADV150といった”スモール軽二輪”とも言えるクラスも増加している。イザという時に高速道路に乗れる強みもあり、これらの売れ行き次第では「ビッグハンターカブ150」といったモデルの現実化も夢ではない…かもしれない。

日本車126〜250cc軽二輪クラスの最新潮流

  • ニンジャZX-25Rの’22新色が登場
  • レブル250いまだ好調
  • 今後の期待はカワサキ250cc4気筒第2弾か?!

日本車126〜250cc軽二輪クラス ラインナップ

スポーツ&ツーリング

ネイキッド&クルーザー

アドベンチャー&オフロード


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|最新バイク情報