第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

インディアン[’22後期新型バイクカタログ]:新モデルに限定マシンも登場! 進化を続ける米国最古ブランド

インディアン[’22後期新型バイクカタログ]

●まとめ:ヤングマシン編集部 ※情報更新日:2022年9月30日

最新装備を身に付けるビッグクルーザーがメイン

1897年に設立された自転車製造会社にルーツを持ち、初の工場開設は1901年。アメリカで最古の歴史を持つブランドが、インディアン(INDIAN)。1906年には、最初のVツインファクトリーレースバイクを製造。その後はスカウトやチーフといった、現代にも続く名モデルを生み出していった。現在でも、アメリカンツアラーによるレース”キング・オブ・ザ・バガーズ”に参戦、活躍中。

そのラインナップは米国大陸らしく、ビッグクルーザーがメイン。水冷Vツインはもちろんのこと、伝統の空冷Vツインも用意している。

アップルカープレイやタッチパネルメーター、電子制御式サスペンションなどを採用するモデルもあり、デザインはトラディショナルでも中身は最新なのが特徴だ。

同社の歴史的看板モデル、チーフが’21で誕生100周年。それを祝うようにフルモデルチェンジを果たした。往年のリジッドフレームを思わせる、新作のチューブフレームを採用。’22では熟成を進める他車と同様に、ライドコマンドをアップデートした。

ほかに’22ではトップケースを備えた新型クルーザー、パースートが登場したほか、スカウトにはクォーターフェアリングを装備するローグが追加された。

ラインナップ唯一のトラッカー、FTRには頻繁に限定モデルを用意。’22後期では世界150台、日本国内4大限定のステルスグレースペシャルエディションを発表した。またチャレンジャーには日本限定1台のスペシャルな”エリート”が登場。

インディアン 最新モデルの動向

  • 米国最古となるブランド
  • 装備最新、電脳充実ビッグクルーザーが主軸
  • フルパニアのパースート登場
  • トラッカーに世界150台の限定車
  • 日本1台限定! のチャレンジャーも


インディアン ラインナップ

クルーザー



アドベンチャー/クロスオーバー/オフロード


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。



新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース