ホンダ スーパーカブC125[新型バイクカタログ]:プレミアムなカブが新型エンジンを搭載 北米では’22モデルの発表も

スーパーカブC125 概要

新型スーパーカブC125も、同時発表のモンキー125と同様にロングストローク化&圧縮比アップを図った新エンジンを搭載する。最新グロムが搭載するロングストローク版がベースで、圧縮比なども同一。ただしミッションは4速仕様のままだ。

車体色は従来のグレーおよびブラックが廃止され、新たにパールネビュラレッドを追加。既存のパールニルタバブルーと合わせて全2色の設定になった。また、快適性を高める純正アクセサリーとして、グリップヒーター(2万900円)および待望のピリオンシート(1万4300円)が新たに設定された。

アメリカで発表された’22モデルは他国仕様とは異なり、リヤキャリアなしのスッキリした構成。赤いシートにマットグレーメタリックの車体色は日本未導入だ。

’22 スーパーカブC125[北米仕様]

'22 ホンダ スーパーカブC125

【’22 HONDA SUPERCUB C125|US MODEL】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc ■車重108kg シート高30.7インチ(779.8mm) 燃料タンク容量1.0ガロン(3.875L) ■タイヤサイズF=70/90-17 R=80/90-17 ●色:マットグレーメタリック ●北米参考価格:3799ドル(日本円換算約43万3000円) [写真タップで拡大]

’21 スーパーカブC125

スタイリング

'21 ホンダ スーパーカブC125|パールニルタバブルー

【’21 HONDA SUPER CUB C125】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 124cc 9.7ps/7500rpm 1.0kg-m/5000rpm ■車重125kg シート高780mm 3.7L ■タイヤサイズF=70/90-17 R=80/90-17 ●色:パールネビュラレッド パールニルタバブルー ●価格:44万円 ●発売日:’21年9月27日 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ スーパーカブC125|パールニルタバブルー

カラーバリエーションはレッド/ブルーの2色。ブラック/グレーは廃盤に。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ スーパーカブC125|スタイリング

【柔らかな曲線と鋭い直線の絶妙な融合】乗り降りしやすいステップスルー空間からリヤフェンダーにかけ、車体全体でゆるやかな曲線で構成。レッグシールドなどにエッジを持たせ、エレガントなシルエットを演出。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ スーパーカブC125|ハンドルまわり

【ハンドルをカバーしてより美しいフォルムに】初代スーパーカブの魅力である「鳥が翼を広げたような形のハンドル」を再現すべく、成形樹脂にハンドルパイプを内蔵。ハンドルスイッチやメーターの一体化で、立体的なフォルムに。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

'21 ホンダ スーパーカブC125|ライディングポジション

シート高は735mm。同じスーパーカブでも110と比べると45mm高いが、足着きは十分。背筋はスッと直立する。[身長175cm/体重67kg] [写真タップで拡大]

エンジン

'21 ホンダ スーパーカブC125|エンジン

新型エンジンで最高出力は0.1psアップ。グロムやモンキーと異なり、ミッションは自動遠心クラッチ4速を採用する。ペダルに隠れて見えにくいが、濾紙式オイルフィルターが新設され、耐久性と整備性を向上。 [写真タップで拡大]

足まわり

'21 ホンダ スーパーカブC125|リヤキャリア
'21 ホンダ スーパーカブC125|フロントキャリア

【ブレーキ&サスペンション】ハンドルからフロントフォークまで、可動部すべてを一体の外観として扱う「ユニットステア」構成がオシャレ。安心感が高いリヤサスペンションは、デザインもかわいらしい。 [写真タップで拡大]

主要装備

'21 ホンダ スーパーカブC125|ヘッドライト
'21 ホンダ スーパーカブC125|テールランプ

灯火類はオールLEDだが、デザインは初代スーパーカブの造形を最新技術で再現した。ヘッドライト中央にはポジションランプを配置し、上段がロービーム。テールランプは長円タイプで、ブレーキ時には中央が点灯する。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ スーパーカブC125|ハンドル
'21 ホンダ スーパーカブC125|ディスプレイ

ハンドルは純正アクセサリーにグリップヒーター(2万900円)が新登場した。メーターは液晶画面の外周部にアナログ式の速度計をデザイン。ギヤ段数表示機能もある。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ スーパーカブC125|メインスイッチ
'21 ホンダ スーパーカブC125|スマートキー

ジャケットのポケットなどにスマートキーを入れておけば、本体を取り出さなくてもメインスイッチノブを回すだけで始動できる。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ スーパーカブC125|シート
'21 ホンダ スーパーカブC125|シート下

シートの開閉にもスマートキーシステムを採用。キーを携行した状態でスイッチを押すとシートが開き、燃料タンクにアクセスできる。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ スーパーカブC125|ヘルメットホルダー
'21 ホンダ スーパーカブC125|ヘルメットホルダー

ヘルメットホルダーは2つ備わっている。オプションのピリオンシートでタンデムを行なうときにはありがたい機能だ。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ スーパーカブC125|書類入れ

【書類入れ】シート下にはさらにボタンがあり、押すと右サイドカバーが開く。中には書類を入れられる。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ スーパーカブC125|シーソーペダル

カブの代表装備といえるシーソーペダル。クラッチレスでアップ/ダウンできる。操作フィーリングも向上した。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ スーパーカブC125|チェーンまわり

チェーンはフルカバーされており、アジャスターも装備。細かい気遣いが随所に施されている。 [写真タップで拡大]

'21 ホンダ スーパーカブC125|リヤキャリア

リヤキャリアに加えてピリオンステップも標準装備。純正アクセサリーのピリオンシートを導入すれば快適に二人乗りが楽しめる。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

スーパーカブC125に関連する記事

3年ぶりのリアルイベント!『第25回カフェカブミーティング in 青山』は10月開催だっ!

ホンダモーターサイクルジャパンは、2020年にオンラインイベントとして開催、2021年は開催見送りとなっていたカフェカブミーティングを、3年ぶりのリアルイベントとして2022年10月15日(土)・16日(日)に開催すると発表した。 古今東西、ありとあらゆるカブファミリーが集まるイベントとして全国で開催されている「カフェカブミーティング」。ホンダの本社1階にあるホンダウエルカムプラザ青山での開催は聖 […]

コレが現代のホンダ125cc勢力図だッ! 充実の個性派原付二種レーダーチャート分析

原付二種が大人気…とはいうけれど、いまや国産ファンバイクやミニモトは原付二種オンリー。しかも、ほとんどがホンダ!! もはや原付二種人気はホンダが支えているといって過言でない!? 本記事では、ホンダの横置き125エンジンを共有する5台の車両を、編集部が独断と偏見で構成したレーダーチャートを用いて分析する。 ファンバイクは平均点より”個性”。じつはけっこう選びやすい 上の分布図 […]

岡崎静夏のホンダ スーパーカブC125試乗インプレ【アイデンティティを守りつつ進化するというカッコよさ】

日本の道路の原風景のひとつ=スーパーカブ。岡崎静夏さんもお気に入りの1台だ。今回は’21年9月にリリースされた新型C125に試乗。小変更ながら大きな進化が感じられたとのことだ。 ルックスはカブらしさキープ。走りは別物にアップグレード 驚きました! こんなに印象が変わっているなんて。スーパーカブC125、新型になって激変してました。めちゃくちゃ乗りやすい。 すぐ気付いたのは、シフトアップ/ダウン時の […]

ホンダ スーパーカブC125[新型バイクカタログ]:プレミアムなカブが新型エンジンを搭載 北米では’22モデルの発表も

スーパーカブC125 概要 新型スーパーカブC125も、同時発表のモンキー125と同様にロングストローク化&圧縮比アップを図った新エンジンを搭載する。最新グロムが搭載するロングストローク版がベースで、圧縮比なども同一。ただしミッションは4速仕様のままだ。 車体色は従来のグレーおよびブラックが廃止され、新たにパールネビュラレッドを追加。既存のパールニルタバブルーと合わせて全2色の設定になった。また、 […]

ホンダ「スーパーカブC125」最新エンジンの’22登場! アメリカンスタイルは単座式&キャリア無し

50.0mm×63.1mmのロングストローク単気筒を搭載! ホンダは、北米でスーパーカブC125の2022年モデルを発表した。日欧やタイではすでに発表済みの新エンジン搭載モデルだが、前後分割シートまたはシングルシート+リヤキャリアという構成の他国仕様に対し、シングルシートのみのスッキリとした構成になっている。 1958年の発売以来、世界中で1億台をはるかに超える販売台数を記録しているスーパーカブは […]

ホンダ新型モンキー125&スーパーカブC125インプレッション【試乗比較編:味わいは不変。さらに上質に進化】

’21年3月に発売された新型グロムに続き、同系のエンジンを搭載するモンキー125とスーパーカブC125がモデルチェンジした。平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合するため、ボア×ストロークを変更した新型エンジンを搭載しているのが最大のポイントで、モンキー125はグロムと同様にミッションを4段から5段へと増やしている。小排気量車にとって新排ガス規制の影響はどれほどのものか、じっくり試乗 […]

ホンダ新型モンキー125&スーパーカブC125インプレッション【車両比較編:新規制対応モデルチェンジ】

’21年3月に発売された新型グロムに続き、同系のエンジンを搭載するモンキー125とスーパーカブC125がモデルチェンジした。平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合するため、ボア×ストロークを変更した新型エンジンを搭載しているのが最大のポイントで、モンキー125はグロムと同様にミッションを4段から5段へと増やしている。小排気量車にとって新排ガス規制の影響はどれほどのものか、じっくりチェ […]

2021年に最も注目されたバイクは?【WEBヤングマシン記事BEST5・総合部門】

WEBヤングマシンで2021年に最も読まれた記事の上位BEST5をご紹介! ……とは言うものの、トップに輝いたのは2020年3月28日に公開された「CT125ハンターカブとクロスカブ110は何が違う? スペック比較&カスタム車の可能性を探る」だった。根強い人気で毎日コンスタントに読まれ続け、気付けば2年連続の年間トップに。ハンターカブはBEST5に2記事が入るなど、強さを見せつけている。 第1位: […]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース