ホンダNC750X/DCT[新型バイクカタログ]:4馬力増&7kg減で走行性能に磨きをかけた

NC750X/DCT 概要

パラレルツインエンジンや鋼管フレームなどを他の機種と共通化しながら開発された、前後17インチホイールのオンロードアドベンチャー。’21年型でフルチェンジされ、パワーユニットは吸排気系/ピストン/クランクシャフトのカウンターウエイト/バランサー軸径などを見直し。電子制御スロットルの新採用も施され、これによりライディングモードが選べるようになった。MT仕様はアシストスリッパークラッチも新搭載。クラッチ操作なしで発進停止と有段変速が可能なDCT仕様も含めて4速以下のローレシオ化も図られ、より俊敏な加速力も手に入れた。

車体は、各部の板厚を調整して軽量化した新設計フレーム(単体で1.8kg軽量化) を使用して、バッテリーなどの部品配置見直しによりラゲッジスペースを拡大。前後サスペンションのセッティングも見直された。

’21 NC750X/DCT

ホンダ NC750X DCT|パールグレアホワイト

【’21 HONDA NC750X/DCT】■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 745cc 58ps/6750rpm 7.0kg-m/4750rpm ■車重224kg シート高800mm 14L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=160/60ZR17 ●色:グランプリレッド パールグレアホワイト マットバリスティックブラックメタリック ●価格:92万4000円[99万円] ●発売日:’21年2月25日 ※写真はDCT ※[  ]はDCT [写真タップで拡大]

ホンダ NC750X DCT|カラーバリエーション

【国内は3色展開】アクティブな雰囲気のレッド、洗練された印象のホワイト、タフで重厚なイメージを与えるブラックの計3色設定。 [写真タップで拡大]

ホンダ NC750X DCT|エンジン

【+4ps&ギア比変更】軽量化が施された新作ピストン採用やエアクリーナー構造の刷新、エキゾーストチャンバーの形状変更などで従来型より馬力アップ。 [写真タップで拡大]

ホンダ NC750X DCT|ウインカー
ホンダ NC750X DCT|ウインカー

【待望のフルLED化】ウインカーのLED化により、灯火類のフルLED化が完了。急制動時にハザードランプを高速点滅させて後続車に伝えるエマージェンシーストップシグナル機構も採用された。ヘッドライトは、上側に3灯ロービーム+左右シグネチャーランプ、下側に独立のハイビームを備える。 [写真タップで拡大]

ホンダ NC750X DCT|LCD液晶メーター

【新タイプのLCD液晶メーター】メーターにはバッテリー電圧や平均車速の表示機能も追加。その右上側に、車両情報を直感的に伝えるマルチカラーラインを採用。 [写真タップで拡大]

ホンダ NC750X DCT|ハンドルスイッチ
ホンダ NC750X DCT|ハンドルスイッチ

【電子制御式スロットルバルブ化で操作系一新】メーターの表示内容は、左手側ハンドルスイッチで選択可能。写真はDCT仕様で、右手側に走行モードの選択スイッチがある。 [写真タップで拡大]

ホンダ NC750X DCT|ラゲッジスペース

【荷室は1L拡大】通常のモーターサイクルだと燃料タンクとなる部分がラゲッジスペース化されているのも、NC750Xの特徴。新型は23L容量を誇る。 [写真タップで拡大]

ホンダ NC750X|オプション

【オプションも充実】車体とキーを共通化できるパニアケース(左右合計約65L容量) /トップボックス(50L容量)/ハイウインドスクリーン/フロントサイドパイプなどが用意されている。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

NC750X/DCTに関連する記事

新型はNC750Xベース! ホンダが大型二輪教習車「NC750L(MT仕様/AT仕様)」を発表

ホンダは、「大型二輪免許」および「AT(オートマチック・トランスミッション)限定大型二輪免許」の教習車として、「NC750L(MT教習車仕様)」と「NC750L(AT教習車仕様)」を全国の自動車教習所を対象に2022年7月21日に発売する。 従来はNC750Sをベースとしていたが、現在のラインナップからなくなっているため、新たにクロスオーバースタイルのNC750Xをベース車に選定。AT限定大型二輪 […]

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:大型アドベンチャー総まとめ#2(〜750cc)【ヴェルシス650が国内導入】

その名のとおり道を選ばず“冒険”できるバイクというのが本来のコンセプトだったが、近年は舗装路でのツーリング性能を重視した車種が多めのアドベンチャークラス。日本ではほとんどのユーザーがダートを走ることなく、快適なライディングポジションのオンロードツアラーという扱いだ。 カワサキ ヴェルシス650:7年ぶりのアップデートで国内新規導入もアナウンス ニンジャ650&Z650のルーツとなったER-6f/n […]

ホンダNC750Xベースのツアードオフ「トランザルプ」復活か!?〈YM未来予想〉

大谷サン並みの二刀流。アルプスローダー復活か ヤングマシンのお家芸・未来予想ラインナップに、またも懐かしい車名が…。以前から噂のあったアフリカツインの弟分がいよいよ登場し、「トランザルプ」のネーミングを襲名するようだ。 トランザルプは’87年にデビューし、オンロード重視ながらオフロードもそこそこイケるアルプスローダーとして欧州で人気を博した。フロント19インチやワイヤースポークホイール […]

岡崎静夏のホンダ NC750X DCT試乗インプレ【スポーツ性能を高めながら、本分を忘れない実直な姿勢】

変わるべきは大胆に変える。でも、変えるべきではないところはしっかりと守る。新型ホンダNC750X DCTに乗った岡崎静夏さんは、新鮮さと安心感のバランスに魅了されたようだ。 発進しただけで感じた驚き。変わることを恐れないNC 意外性って大事だと思いませんか? 例えばメンズで言えば、めっちゃマッチョなのにめっちゃ声が高くて優しいとか。いえ、そういう人が好きってワケではありませんが、とりあえずは強く印 […]

ホンダNC750X DCTディテール写真解説【扱いやすさそのままにエンジン強化】

ニューミッドコンセプト(NC)シリーズとして’12年に登場したホンダ NC750X。当初エンジンは700ccだったが、’14年に750cc化。エンジンとフレームを共用化するプラットフォームにより、計9モデルのベースとなった。新型NC750Xは’21年1月に登場。扱いやすさや便利さというNCシリーズらしさを踏襲しながら、エンジンの出力向上などにより楽しさを高めてい […]

いま新車で買える!! 林道ツーリングを楽しめるマシンたち〈国産モデル編|ゴーライド編集部厳選〉

これから林道ツーリングに行ってみたいというオフロードビギナーや、久しぶりに林道へ行ってみようというリターンライダー、さらに乗り換えや増車を考えている人たちのために、オフロードマシン総合誌『ゴーライド』編集部が選んだ、”新車で購入できる/未舗装路もバリバリ走って林道ツーリングを楽しめる”マシンたちを、まずは国産編から一挙掲載するゾ!  オフロードも林道走行も楽しめるのはやはり […]

ホンダNC750X/DCT[新型バイクカタログ]:4馬力増&7kg減で走行性能に磨きをかけた

NC750X/DCT 概要 パラレルツインエンジンや鋼管フレームなどを他の機種と共通化しながら開発された、前後17インチホイールのオンロードアドベンチャー。’21年型でフルチェンジされ、パワーユニットは吸排気系/ピストン/クランクシャフトのカウンターウエイト/バランサー軸径などを見直し。電子制御スロットルの新採用も施され、これによりライディングモードが選べるようになった。MT仕様はアシ […]

〈動画〉’21ホンダNC750X新旧比較試乗インプレッション【新型は曲がるぞ!】

ホンダのニューミッドコンセプトシリーズの人気モデル、クロスオーバーカテゴリーの「NC750X」が3代目に進化。スチール製のダイヤモンドフレームは新設計となり、エンジンはピストンや吸排気系の変更に加えて電子制御スロットルも導入された。今回は売れ筋のDCTモデルがどれだけ進化したのか、元NC750Sオーナーだったテスター・大屋雄一が一刀両断する。

WEBヤングマシン|新車バイクニュース