ホンダCB400SF/SB[新型バイクカタログ]:現在では400ccクラス唯一の4気筒

ホンダCB400SF/SB[新型バイクカタログ]

CB400SF/SB 概要

’92の初代発売以来、約30年にわたり400ccクラスの代表格に君臨してきたのが、鋼管フレームに水冷並列4気筒エンジンを搭載したネイキッドのCB400SF(スーパーフォア)。これをベースに、車体マウントのハーフカウルを換装してツーリング性能を高めたのがSB(スーパーボルドール)だ。両仕様とも、シート下には広めのラゲッジスペースを確保。SBは、カウル内側にもフタ付きの収納スペース(左側はロック付き) を備え、さらにETC2.0車載器/グリップヒーターを標準装備している。

いずれのモデルも、低めのシート高/スムーズなエンジン特性/素直なハンドリングが特徴で、ビギナーからベテランまで幅広いライダー層をターゲットとする。400ccクラスでは唯一、現在でも新車が購入できる4気筒シリーズだ。

’19 CB400スーパーフォア

'19 ホンダCB400スーパーフォア|キャンディークロモスフィアレッド

【’19 HONDA CB400 SUPER FOUR】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 399cc 56ps/11000rpm 4.0kg-m/9500rpm ■車重201kg シート高755mm 18L ■タイヤサイズF=120/60ZR17 R=160/60ZR17 ●色:キャンディークロモスフィアレッド アトモスフィアブルーメタリック ダークネスブラックメタリック ●価格:88万4400円~ [写真タップで拡大]

'19 ホンダCB400スーパーフォア|フロント/リヤ

水冷直列4気筒エンジンに丸目一灯/リヤツインショックを備えた伝統的なネイキッドスタイル。 [写真タップで拡大]

'19 ホンダCB400スーパーフォア|アトモスフィアブルーメタリック
'19 ホンダCB400スーパーフォア|ダークネスブラックメタリック

カラーバリエーションはレッド/ブルー/ブラックの3色展開。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

'19 ホンダCB400スーパーフォア|ライディングポジション

車格はやや大柄だが車体のバランスはよく、女性でも無理のないポジションを取れる優秀な設計。タンク後端が絞られているため足着きもいい。 [写真タップで拡大]

エンジン

'19 ホンダCB400スーパーフォア/スーパーボルドール|エンジン

【ハイパーVテックレヴォ!】エンジンには、スロットル開度やギヤ段数を加味しながら6000回転台でバルブ駆動数が2⇔4に切り替わる機構を搭載。 [写真タップで拡大]

足まわり

'19 ホンダCB400スーパーフォア/スーパーボルドール|足まわり

リヤサスペンションはアルミスイングアーム+リザーバータンク付きダンパーの組み合わせ。プリロードアジャスターは5段階調整。一方のフロントサスペンションは無段階の調整が可能だ。フロントディスクは大径のφ296mm。 [写真タップで拡大]

主要装備

'19 ホンダCB400スーパーフォア/スーパーボルドール|アナログ式メーター

【アナログ砲弾2発】右側に指針式の速度計、左側に同じくアナログ式の回転計、中央に液晶パネルを配備。デザインはSFとSBで共通だ。 [写真タップで拡大]

’19 CB400スーパーボルドール

'19 ホンダCB400スーパーボルドール|アトモスフィアブルーメタリック

【’19 HONDA CB400 SUPER BOLD’OL】■車重206kg ●色:アトモスフィアブルーメタリック キャンディークロモスフィアレッド ダークネスブラックメタリック ●価格:104万0600円~ [写真タップで拡大]

'19 ホンダCB400スーパーボルドール|キャンディークロモスフィアレッド
'19 ホンダCB400スーパーボルドール|ダークネスブラックメタリック

カラーバリエーションはSF/SB共通でレッド/ブルー/ブラックの3色展開。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

CB400SF/SBに関連する記事

このまま終わりじゃ寂しすぎる! ホンダCB400SF/SBに有終の美「ファイナル」熱望ッ!

ホンダCB400スーパーフォア/スーパーボルドール。また1台、日本の誇る名車が消えることとなった。規制対応に必要なコストと販売台数を天秤にかければ、生産終了という結論は仕方ないのかもしれない。しかし、このバイクだけは意地でも作り続けてほしかったし、それが叶わないならば、せめて長年のファンへの感謝を込めた”ファイナル”を用意してほしい…と考えるのは贅沢だろうか? 30年も売れ […]

ホンダ CB400SF教習車の知られざる秘密「型式すら異なる専用車両!足まわりのセッティングも違う」

普通のCB400SFとは車両型式から違う「教習車専用仕様」 普通二輪の運転免許を教習所(自動車学校)に通って取得したライダーならば、多くの人が初めてのバイクが「ホンダCB400スーパーフォア」(以下CB400SF)だったのではないだろうか。 CB400SFは、400ccクラスながら4気筒かつフロントがダブルディスクブレーキの贅沢な作りとなっているのが特徴だ。 実際、数年前に大型二輪を教習所で取得し […]

【Q&A】「ネイキッド」って、ゼファーからじゃないの? 一大ブームとなった90年代400ccネイキッドを紹介!【バイクトリビア009】

クルーザー(アメリカン)やオフロードモデルを除けば、カウリングを装備しないスポーツバイクの総称として使われる「ネイキッド」。バイクのジャンルとしての呼称は、カワサキからゼファーが登場したことがキッカケだと思っていたけれど……違ったの!? 1980年代初頭まで、カウリングが無いのが普通だった 市販量産車初の4気筒エンジンを搭載したホンダのCB750Fourや、もはやレジェンドとして君臨するカワサキZ […]

生産終了決定ッ!! CB400スーパーフォア/スーパーボルドール、さらにVFR系やゴールドウイングまで……

ホンダは、2022年11月生産分より国内向け二輪車に対して「令和2年排出ガス規制」が適用されることに伴い、 一部機種について2022年10月生産分をもって生産終了とすることを発表した。そこに含まれていた機種には、V4エンジンのVFR800F/X、ゴールドウイング、ベンリィ110も、そして誕生から30年の歴史を刻んだCB400SF/SBが……。 法規対応に伴う、Honda二輪車の一部機種の生産終了に […]

懐かしの栄光カラー・レプリカ復刻モデル列伝#1【往年のAMAスーパーバイクカラー】

昭和を彩った栄光のカラーリングモデルは、これまでも何度かレプリカ化されている。そこで、もう一度復活してもらいたいモデルを独断と偏見で集めてみたノダ! まずは往年のAMAスーパーバイクカラーレプリカから。 ホンダCB400スーパーフォア[’99]:”F”のスペンサーカラーをまた見たい! 懐かしカラーと言えばスーパースポーツが定番だが、ネイキッドにも欲しい。となれば […]

CBX外装キット、実車先行公開! CB400SF全年式対応”CB400タイプX”〈ドレミコレクション〉

先日『WEBヤングマシン』にて紹介した、ドレミコレクションのCB400SF用CBX外装キット「タイプX」。一般公開予定の東京モーターサイクルショーに先駆けて、本記事にて実車を公開する! CBXへの憧れ、そして唯一の”400直4″を存続すべく、ドレミの技術と情熱を投入したその勇姿をご覧あれ! 驚きのCBX再現度。スーフォアと気づかない!? 東京モーターサイクルショーでの展示に […]

レトロフィットはドレミの十八番! 蘇る青春名車カスタム〈CBX外装キット発表|ドレミコレクション#3〉

今や高嶺の花となってしまったホンダCBX400Fを見事に再現する、CB400SF用の外装キットをドレミコレクションが開発。このキットは’22年の東京モーターサイクルショーでお披露目となるが、CBX以外にも名車Z1やCB1100Rの“スタイル”を楽しめる秀逸なカスタム車がズラリ。我らの青春が瞬時に蘇る、同社の見事な”レトロフィット”モデルを紹介する。 Z900RS […]

【CBXが蘇る!】CB400SF用外装キット開発秘話&インタビュー〈ドレミコレクション#2〉

名車Z1やCB1100Rの”スタイル”を楽しむカスタム手法に抜きん出るドレミコレクションが、大人気の名車CBX400Fを見事に再現するCB400SF用の外装キットを開発。その裏側では”CB400SF全モデル対応”という要件を満たすために、並々ならぬ苦労があったようだ。ドレミコレクションの代表・武浩氏に、その思いを尋ねた。 ドレミでなければできない、究極のフィッティング 発表 […]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース