第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ハーレーダビッドソン [’22後期新型バイクカタログ]:883後継機や復刻名車などニューモデル続々!!

ハーレーダビッドソン [’22後期新型バイクカタログ]

●まとめ:ヤングマシン編集部 ※情報更新日:2022年9月29日

新生水冷スポなど次の時代へ進む米国伝統ブランド

創業は1903年、米国のミルウォーキーにてウィリアム・S・ハーレーとアーサー・ダビッドソン(後に兄が合流)が第1号車を開発。今や同国を代表するブランドとなったのが、両者の名を冠したハーレーダビッドソン(HARLEY-DAVIDSON)。

そのラインナップは長年にわたり”空冷Vツインのクルーザー”がメインだったが、昨今は新しい時代へと突入しつつある。

まず’21では同社初の本格アドベンチャー、パンアメリカが登場。完全新設計の水冷1250ccVツインを積み、停車中にシート高を自動で低くする新機構なども採用。’22では新色が登場した。

そしてパンアメリカとベースを共用する水冷エンジンを採用した、まったく新しいスポーツスターが’21後半から登場。ちょいマッチョなカスタム系、スポーツスターSがまず登場し、’22からは883の後継機と言えるナイトスターが新登場。

’22ではFXRTオマージュしたローライダーSTなど、3つの”ST”モデルが新登場。各部をブラックアウトしつつ1923ccのエンジンを搭載したファクトリーカスタムだ。’22後期では一部モデルに限定カラーが登場。

エレクトラグライドなど、120周年に向け過去の印象的なモデルをリバイバルしているハーレーだが、’22後期からはFXRTをオマージュした”ローライダー エルディアブロ”を新設定。

また’22後期からは各モデルの価格を変更している。

ハーレー 最新モデルの動向

  • 空冷Vツインで知られる人気ブランド
  • 水冷化、アドベンチャー発売など次の時代へ進む
  • 歴史あるスポーツスターも遂に水冷に
  • 883後継と言えるナイトスター新登場
  • FXRTオマージュモデルが新登場


ハーレー ラインナップ

クルーザー





アドベンチャー/クロスオーバー/オフロード


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。



新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース