第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ファンティック [’22後期新型バイクカタログ]:洒脱なイタリアントラッカー! 鮮やかな新色も登場

ファンティック [’22後期新型バイクカタログ]

●まとめ:ヤングマシン編集部 ※情報更新日:2022年9月9日

主軸のキャバレロシリーズに新顔登場

始まりはアメリカ市場に向けた、エンデューロモデルなどの生産。’68年に創業された、イタリアンブランドがファンティック(FANTIC)。’70〜’80年代のオフ界で名を馳せた名門だ。

本国でも日本でもメインとなっているのは、小粋なトラッカー”キャバレロ”シリーズだ。125から500まで幅広く用意される、同社の初期からの代表的な車名だ。まず’21ではユーロ5に適合。専用色をまとうスクランブラー125デラックスなどが登場。

’22海外ではブルーのタンクにイタリアの国旗を加えたアニバーサリー500がお目見え。キャリアを備えた新顔エクスプローラー500は、’22後期に日本導入も発表された。スクランブラー500に設定された新色イエローも国内導入が発表されているほか、各モデルの価格を変更。残念ながら、’22後期にてキャバレロシリーズの250モデルはディスコンとなった。

レース技術を投入した、本格オフローダーもラインナップ。’21に新たな車名となったXEFは公道OKのトレール車。新設計エンジンを搭載してスリッパークラッチも導入。同車をベースとしたモタードも’21より発売。トレール、モタードともに貴重な50ccモデルが用意されている。また’22年の7月からは、4種類のグラフィックキット”ニュー・ルック”が販売されている。

ファンティック 最新モデルの動向

  • ’68年創業、オフ界で名を馳せたイタリアン
  • 名車の名を継ぐキャバレロなどトラッカー中心
  • ’22海外では記念車登場
  • ’22後期にて新型”エクスプローラー”導入
  • 50ccも用意する本格オフ

ファンティック ラインナップ

ヘリテイジ/ネオクラシック

アドベンチャー/クロスオーバー/オフロード


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース