第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ドゥカティ [’22後期新型バイクカタログ]:SS旗艦の最上級がさらなる速さを獲得!

ドゥカティ [’22後期新型バイクカタログ]

●まとめ:ヤングマシン編集部 ※情報更新日:2022年7月19日

本気スポーツからネオクラ、実力派ADVまで揃うイタリアの名門

モトGPやスーパーバイク世界選手権(SBK)など、レースにおける活躍ぶりも有名。それらで培った技術、ノウハウを市販車に投入する、名門イタリアンブランドがドゥカティ(DUCATI)だ。バイクづくりの根底には、熱いスポーツマインドが息づいている。

スーパースポーツはもちろんのこと、それをベースとしたストリートファイターも充実。本格アドベンチャー、果てはネオクラなど、ラインナップしているバイクのジャンル展開は全方位的。

またV型・L型エンジンへのこだわりがあり、同社最高峰モデルである”パニガーレV4″も、その名の通り”V型4気筒”搭載車。動力性能を追求した同スーパースポーツは、’22でまずSTDと中間グレードのV4Sの戦闘力を向上。よりレース向けの特性を強めた。そして、トップグレードのSPを”2″にバージョンアップ。1万4500rpmの超高回転域で馬力を2.5ps向上させ、専用のギヤ比とパワーモードも備える。

弟分となるパニガーレV2にはトロイ・ベイリスのSBK初タイトルから20周年を記念した、特別モデルを’22で設定。パニガーレV4をカウルレスとしたストリートファイターV4には最上級グレード、SPを’22で追加。パニガーレV2ベースのストリートファイターV2も初お目見え。昨今のドゥカティストファイでは珍しい(?)、グリーンもラインナップしている。

アドベンチャーの雄”ムルティストラーダ”の旗艦にはもっともスポーティなパイクスピークを設定。Lツインを搭載するムルティストラーダV2も誕生した。

これらに加え、’22では初の本格オフモデルとなるデザートXをラインナップに追加。本格スポーツ部門だけでなく、全方位的に進化を続ける目の離せないブランドだ。

ドゥカティ最新モデルの動向

  • パニガーレV4の最高峰がレベルアップ
  • ベイリスのSBKタイトルを記念するモデルも
  • ムルティV4の新トップグレード誕生
  • ストリートファイターV2に渋いグリーン
  • 本格オフモデルのデザートXも爆誕

ドゥカティ ラインナップ

スーパースポーツ

ネイキッド

アドベンチャー/クロスオーバー/オフロード

ヘリテイジ/ネオクラシック

クルーザー


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース