ビモータ[’22後期新型バイクカタログ]:カワサキと手を組み勢力拡大! 超華麗モデル続々

ビモータ[’22後期新型バイクカタログ]

●まとめ:ヤングマシン編集部 ※情報更新日:2022年8月23日

復活を遂げた”名門高級イタリアンブランド”

’72年に第1号車を製作した、名門イタリアンブランドがビモータ(BIMOTA)。とにかく斬新なデザインやシャーシ設計で知られ、それらは手組みによる少量生産。まさに高級ビルダーである。その後一時、存続の危機に陥ったが、’19年からカワサキと資本提携を結ぶことで復活を遂げた。

まずは復活の狼煙として、最初に登場させたのがテージH2だ。カワサキ・ニンジャH2由来のスーパーチャージドエンジンを載せているのだが、片持ちフロントアーム=センターハブステアを備え、巨大ウイングのカーボン外装を纏うなど独自性満載。

’21のEICMA(ミラノショー)では、そのアドベンチャー版が登場予定だとアナウンスされた。発売時期など詳細は未発表だが、その姿が今から待ち遠しい。

そして新生ビモータの第2弾となるスーパースポーツが、こちらも’21のEICMAでお目見えとなったKB4だ。カワサキ・ニンジャ1000SXの直4エンジンを、独自の軽量なフレームに搭載する流麗なスポーツモデル。全国49のプラザ店&モトコルセで販売される。

さらには諸元など詳細不明ながら、隠し玉としてKB4のネイキッド版「KB4 RC」も発表された。’22以降も、目が離せないブランドだ。

ビモータ 最新動向

  • 独自設計で知られる高級ブランド
  • カワサキとのタッグで見事復活
  • 最新モデルは華麗なKB4が登場
  • KB4ベースのネイキッドも突如発表
  • テージH2のADV版も控えている模様

ビモータ ラインナップ

スーパースポーツ

ネイキッド


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ビモータに関連する記事

ビモータ[’22後期新型バイクカタログ]:カワサキと手を組み勢力拡大! 超華麗モデル続々

復活を遂げた”名門高級イタリアンブランド” ’72年に第1号車を製作した、名門イタリアンブランドがビモータ(BIMOTA)。とにかく斬新なデザインやシャーシ設計で知られ、それらは手組みによる少量生産。まさに高級ビルダーである。その後一時、存続の危機に陥ったが、’19年からカワサキと資本提携を結ぶことで復活を遂げた。 まずは復活の狼煙として、最初に登場させたのがテージH2だ。 […]

ケイファクトリー×ビモータ KB4【あと3kg! ZX-25Rよりも軽い1000ccスポーツバイクはつくれるのか? Vol.1】

ビモータKB4の抽選販売の第一回に申し込み、当選した大阪のケイファクトリー。納車から数日で、さっそくチタンのフルエキゾーストを制作。ケイファクトリーらしい煌びやかなゴールドが眩しく、KB4にもよく似合う。約7.5kgの軽量化を達成できる認証マフラーで、KB4の軽さをさらに追求することのできる逸品だ! いきなり、ニンジャZX-25Rの重量に『あと3kg!』まで迫る! ビモータKB4のあまりの完成度の […]

【Bimota再考】イタリア車と日本車のハンドリング追求の違いって?

1985年にデビューしたヤマハ渾身の4st.スーパースポーツFZ750。開発当初は日本初のV4レイアウトでレーシングマシンまで開発していた。しかし発表間近にホンダからV4のVF750が登場、模倣イメージを嫌ってダウンドラフト吸気を活かした前傾45°で片バンクを横へ並べジェネシス・エンジンと名づけた。 エンジン・コンセプトより適性アライメント優先のイタリアン ドゥカティに代表されるイタリア製スーパー […]

ビモータ KB4 試乗インプレ【圧倒的な軽さが生み出す衝撃の連続。スポーツバイクの未来を暗示させる独創性に富むビモータワールド】

KB4の発表から試乗できる日を心待ちにしていた。超軽量&超ショートホイールベースが見せる世界は、予想を遥かに凌駕するもの。1000ccの質量を感じさせないハンドリングに、瞬時にバイクとライダーの一体感を得られる異次元感覚。ビモータオリジナルの車体構成と剛性バランスの緻密な配慮が生み出す独創性に夢中になった。 ビモータを経営危機から救ったカワサキ ヴァレリオ・ビアンキ(BI)、ジュゼッペ・モーリ(M […]

ビモータ KB4【1000ccなのに250cc並みに軽くコンパクトにできるのがビモータのオリジナリティ】

2019年にEICMAで発表されたカワサキとビモータのタッグには本当に驚かされた。正直、カワサキエンジン以外のビモータが今後登場しないことは残念だが、夢が広がったのも事実。その際のEICMAでは、ニンジャH2のスーパーチャージドエンジンを搭載したハブセンターステアリングのテージH2を発表し、その時から噂されていたニンジャ1000SXのエンジンを搭載したKB4もようやく完成。日本にも少しずつ導入が始 […]

ビモータ KB4[新型バイクカタログ]:華麗にして軽快な新作モダンスポーツ!

KB4 概要 遂にその姿がお披露目された、イタリアの名匠・ビモータによる最新作。華麗にして軽快な、モダンスポーツだ。国内でも正式発表され、タッグを組むカワサキが販売も手がけることに。 新生ビモータの第2弾となる本作のコンセプトは「乗りやすく、トルクがあり、軽量なバイク」。ニンジャ1000SXの直4エンジンを独自の軽量なフレームに搭載する。これに個性的なリヤラジエターを組み合わせることで、ショートホ […]

ビモータ KB4 RC[新型バイクカタログ]:KB4と同時に発表された”隠し玉”ネイキッド!

KB4 RC 概要 ビモータはEICMA 2021で、その2年前から登場を予告していたレトロルックのカフェスポーツ「KB4」を発表。本作は”隠し玉”として同時に発表された、そのネイキッド版だ。KB4と同様に、カワサキ・ニンジャ1000SXの自然吸気並列4気筒エンジンを、オリジナルのトレリスフレームに搭載。スペックなど詳細は未発表だ。 ’22 KB4 RC

個性派&傑作揃いの”メーター”年代記〈’00年代#2〉ネイキッド編【もはやフォルムの一部。遊びゴコロ爆発!】

造り手の意志やマシンの個性を端的に表し、当代の先進技術とデザインが色濃く反映されている部品=メーター。’00年代はデジタル式の速度計/タコが一般化し、液晶パネルの採用が拡大。加えて、樹脂などの成型技術が上がり、デザイン上の制約も少なくなったことで、より多種多彩なメーターが登場した。本記事では遊びゴコロが爆発したネイキッド編をお届けする。 ヤマハMT-01[’05-]:満月? 文字盤も乙 […]

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース