ベネリ [’22後期新型バイクカタログ]:’50sの名作復刻! トガッた新作ネイキッドも国内投入

ベネリ [’22後期新型バイクカタログ]

●まとめ:ヤングマシン編集部 ※情報更新日:2022年9月20日

新作の空冷単気筒モデルも! ’21日本上陸の新しいブランド

イタリア・ペーザロの地で1911年に生まれ、自社製のバイクでレースに勝利。その名を広めていった古豪ブランドが、ベネリ(BENELLI)。’16年に復活を遂げ、’21年4月から日本上陸を開始したばかり。

海外では754ccなどより大きな排気量のモデルもあるが、日本国内におけるラインナップは250ccや125ccなどコンパクトモデル中心。

モダンなデザインのネイキッドとアドベンチャーが主軸であったが、’22後期からは新作のインペリアーレ400を国内投入。日本向けでは最大排気量となり、味わいのある空冷単気筒を採用するビッグシングル。’50sの名作の名を継ぎ、デザインもクラシカルなもの。

’22前期に新規導入が発表されていた、新型モデル125Sも’22後期より導入。原二には見えないボディサイズが自慢で、ツインスパーフレームに倒立フォーク、リンク式リヤショックも特徴。

レオンチーノ250も’50年代の名車の名を継ぐ車両で、モダンなたたずまい。ベネリ公式の扱いとしては”スクランブラー”モデルとなる。エンジンはパンチのあるシングルで、走りも楽しい。フェンダーの立体エンブレムもポイントだ。

TNTはエッジの効いたハイパーNK。こちらも、かつてのスポーツNKの名を継いでおり、249Sと125の2種を用意。装備も倒立フォークやトレリスフレームなどを採用する本格派。

国内向け唯一のアドベンチャー、TRK251も倒立フォークを採用。ホイールはキャストでオンロード向けのツアラー志向。18Lの燃料タンクを持ちロングランもOKだ。

ベネリ 最新モデルの動向

  • 復活したイタリアの古豪、’21に日本上陸
  • 250&125のみだったが’22でネオクラ投入
  • トガッた新作の125Sも投入
  • NKやADVはエッジの効いたデザインが特徴
  • 各モデルの装備も本格派

ベネリ ラインナップ

ネイキッド

ネオクラシック/ヘリテイジ

アドベンチャー/クロスオーバー/オフロード


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ベネリに関連する記事

ベネリ [’22後期新型バイクカタログ]:’50sの名作復刻! トガッた新作ネイキッドも国内投入

新作の空冷単気筒モデルも! ’21日本上陸の新しいブランド イタリア・ペーザロの地で1911年に生まれ、自社製のバイクでレースに勝利。その名を広めていった古豪ブランドが、ベネリ(BENELLI)。’16年に復活を遂げ、’21年4月から日本上陸を開始したばかり。 海外では754ccなどより大きな排気量のモデルもあるが、日本国内におけるラインナップは250ccや12 […]

ベネリ インペリアーレ400[新型バイクカタログ]:’50sの正統派クラシック誕生

インペリアーレ400 概要 本作は’50年代の名車、インペリアーレを可能な限りオマージュした新型だ。新設計の空冷単気筒は、国内入荷するベネリで最大の374ccで直立シリンダーが特徴。これを鉄製ダブルクレードルに積む正調レトロスタイルで、スプリング付きサドルやヘアラインが美しいキャブトンマフラーなども魅力的だ。 ’22 インペリアーレ400

細部までこだわった正調クラシカル【ベネリ インペリアーレ400】試乗ショートインプレッション

3年ぶりの実施となる日本自動車輸入組合(JAIA/ジャイア)による『輸入二輪車試乗会・展示会』。’22年の各社の自慢のモデルを一気乗りしてきた。テスターはフリーライターの谷田貝洋暁で身長172cm、体重75kgだ。本記事では、ベネリのインペリアーレ400を取り上げる。 ベネリ インペリアーレ400 試乗ショートインプレ 大径フロント19/リヤ18インチのスポークホイールに空冷単気筒エン […]

打倒GB350に空冷単気筒の刺客! ベネリ「インペリアーレ400」登場、ストファイ系「125S」も6月発売か【東京MCショー】

強力な資本参加で復活を遂げたイタリアのベネリは、尖がったスタイルの小~中ネイキッドで注目されていたが、本格レトロのカテゴリーに参戦。その名も「インペリアーレ400」は、見事なまでに旧車の香りを漂わせる。果たして空冷ロングストロークエンジンの鼓動感は? 細くて大径なタイヤの乗り心地は? 上陸予定の6月が待ち遠しい! 思いっ切り正統派レトロ! なインペリアーレ400 1911年に創業したイタリアの名跡 […]

ベネリ 125S[新型バイクカタログ]:原二に見えない巨体にトガった装備が自慢

125S 概要 新作の125Sは、原付二種には見えない大柄ボディが特徴。ミドルサイズに迫る全長2020mm、ホイールベース1345mmを誇る。このクラスでは珍しいツインスパーフレームと倒立フォーク、リンク式Rショックも自慢。心臓部には6速ミッションを備える3プラグ式の水冷単気筒を積む。スラントした顔とLEDデイライトも鮮烈だ。 ’22 125S

中国勢の快進撃! EICMA 2021現地レポート【デザイン完成度UP&欧州ブランドとの提携に勢いアリ】

“世界の工場”と呼ばれた中国は、その技術力を高め、信頼性の高いプロダクトも数多く展開している。そして近年の2輪界においては、デザインにおいても高いクオリティを見せるようになってきた。ここでは「第78回EICMA(ミラノ国際モーターサイクルショー)2021」現地会場で目を引いた中国発ブランドを紹介する。 厳しい状況だからこそ実力あるブランドが残る EICMA2021では、中国 […]

個性派&傑作揃いの”メーター”年代記〈’00年代#1〉スーパースポーツ編【デジタル速度計が増殖】

造り手の意志やマシンの個性を端的に表し、当代の先進技術とデザインが色濃く反映されている部品=メーター。’00年代はデジタル式の速度計/タコが一般化し、液晶パネルの採用が拡大。加えて、樹脂などの成型技術が上がり、デザイン上の制約も少なくなったことで、より多種多彩なメーターが登場した。本記事ではソソる計器の多いスーパースポーツ編をお届けする。 ベネリ トルネード900トレL.E[’03 – […]

ベネリ TRK251[新型バイクカタログ]:ロングランもおまかせ!!

TRK251 概要 倒立フォークと前後17インチのキャストホイールで武装したオンロード系のアドベンチャーツアラー。人間工学に基づく好バランスの設計と大容量18L燃料タンクで長旅を得意とする。オプションでトップ&サイドケースも用意。’22前期、後期それぞれで価格を変更。 ’22 TRK251

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース