ベネリ [’22後期新型バイクカタログ]:’50sの名作復刻! トガッた新作ネイキッドも国内投入

ベネリ [’22後期新型バイクカタログ]

●まとめ:ヤングマシン編集部 ※情報更新日:2022年9月20日

新作の空冷単気筒モデルも! ’21日本上陸の新しいブランド

イタリア・ペーザロの地で1911年に生まれ、自社製のバイクでレースに勝利。その名を広めていった古豪ブランドが、ベネリ(BENELLI)。’16年に復活を遂げ、’21年4月から日本上陸を開始したばかり。

海外では754ccなどより大きな排気量のモデルもあるが、日本国内におけるラインナップは250ccや125ccなどコンパクトモデル中心。

モダンなデザインのネイキッドとアドベンチャーが主軸であったが、’22後期からは新作のインペリアーレ400を国内投入。日本向けでは最大排気量となり、味わいのある空冷単気筒を採用するビッグシングル。’50sの名作の名を継ぎ、デザインもクラシカルなもの。

’22前期に新規導入が発表されていた、新型モデル125Sも’22後期より導入。原二には見えないボディサイズが自慢で、ツインスパーフレームに倒立フォーク、リンク式リヤショックも特徴。

レオンチーノ250も’50年代の名車の名を継ぐ車両で、モダンなたたずまい。ベネリ公式の扱いとしては”スクランブラー”モデルとなる。エンジンはパンチのあるシングルで、走りも楽しい。フェンダーの立体エンブレムもポイントだ。

TNTはエッジの効いたハイパーNK。こちらも、かつてのスポーツNKの名を継いでおり、249Sと125の2種を用意。装備も倒立フォークやトレリスフレームなどを採用する本格派。

国内向け唯一のアドベンチャー、TRK251も倒立フォークを採用。ホイールはキャストでオンロード向けのツアラー志向。18Lの燃料タンクを持ちロングランもOKだ。

ベネリ 最新モデルの動向

  • 復活したイタリアの古豪、’21に日本上陸
  • 250&125のみだったが’22でネオクラ投入
  • トガッた新作の125Sも投入
  • NKやADVはエッジの効いたデザインが特徴
  • 各モデルの装備も本格派

ベネリ ラインナップ

ネイキッド

ネオクラシック/ヘリテイジ

アドベンチャー/クロスオーバー/オフロード


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース