マシン・オブ・ザ・イヤー2018

国産車オールアルバム【ヤマハ】

TRICITY 155 ABS 【H-16】

コーナリング時にフロント2輪が車体と同調してリーンする、ヤマハ独自のLMW(リーニングマルチホイール)モデルの第二弾として’16年に登場したトリシティ155。燃費と環境性能の両立を高次元で具現化する設計思想のブルーコアエンジンを搭載し、優れた燃費と走行性、良好な加速フィーリングを実現。存在感を主張するフロントマスクと、リアセクションの勢いよく跳ね上がる造形が目を引くスタイリングも魅力だ。

全長×全幅×全高(mm) 1980×750×1210
軸距(mm) 1350
シート高(mm) 780
車重(kg) 165
エンジン型式 水冷4スト単気筒SOHC4バルブ
総排気量(cc) 155
内径×行程(mm) 58×58.7
圧縮比 10.5:1
最高出力(ps/rpm) 15/8000
最大トルク(kg-m/rpm) 1.4/6000
燃料タンク容量(L) 7.2
変速機 無段変速式
ブレーキF ディスク
ブレーキR ディスク
タイヤサイズ前 90/80-14
タイヤサイズ後 130/70-13
価格 45万3600円
  • マットビビッドパープリッシュブルーメタリック 1
  • マットビビッドパープリッシュブルーメタリック 1
  • マットブラック 2
  • ホワイトメタリック 6
マシン・オブ・ザ・イヤー2018
国産車オールアルバムを見る
投票候補車名一覧(外国車含む)
マシン・オブ・ザ・イヤーに
投票する