マシン・オブ・ザ・イヤー2018

国産車オールアルバム【カワサキ】

Ninja H2/Carbon 【A-07】

川崎重工グループの技術を結集して開発された究極のモーターサイクルで、998cc直4エンジンにはスーパーチャージャーが組み合わせられている。H2は公道仕様で馬力は205psに抑えられているもののポテンシャルとしてはサーキット専用版H2Rに匹敵し、ボンネビルスピードウィークで量産車世界最速の337km/hをマークしている。カーボン外装のH2 Carbonともども’19では231psへのパワーアップやスマホとのコネクティブ機能などが追加される。
全長×全幅×全高(mm) 2085×770×1125
軸距(mm) 1455
シート高(mm) 825
車重(kg) 238
エンジン型式 水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ
総排気量(cc) 998
内径×行程(mm) 76×55
圧縮比 8.5:1
最高出力(ps/rpm) 205/11000
最大トルク(kg-m/rpm) 13.6/10000
燃料タンク容量(L) 17
変速機 6段リターン
ブレーキF ディスク
ブレーキR ディスク
タイヤサイズ前 120/70ZR-17
タイヤサイズ後 200/55ZR17
価格(STD) 302万5000円
価格(Carbon) 334万8000円
  • ミラーコートスパークブラック(302万4000円)
  • ミラーコートスパークブラック(302万4000円)
  • ミラーコートマットスパークブラック×ミラーコートスパークブラック(Carbon 334万8000円)
  • ミラーコートマットスパークブラック×ミラーコートスパークブラック(Carbon 334万8000円)

関連記事

マシン・オブ・ザ・イヤー2018
国産車オールアルバムを見る
投票候補車名一覧(外国車含む)
マシン・オブ・ザ・イヤーに
投票する
<-- microad footer-ad -->
<-- /microad footer-ad -->