マシン・オブ・ザ・イヤー2018

国産車オールアルバム【ホンダ】

CRF1000L Africa Twin Adventure Sports/TypeLD/DCT 【G-01】

好みに応じたトルクコントロール介入レベルを選択できるHSTCやホンダ独自のDCTを搭載する大型アドベンチャーモデル。STDモデルにはない装備として、24ℓの大型フューエルタンクを採用し、フロントサイドパイプや大型のスキッドプレートも装備する。また専用のサスペンションを装備することでシート高をダウンしたタイプLDもラインアップ。’18年モデルでは新たに全タイプ共通でETC2.0車載器が標準装備された。

全長×全幅×全高(mm) 2340<2310>×930×1570<1510>
軸距(mm) 1580<1560>
シート高(mm) 870-890<810-830>
車重(kg) 243<242>[253<252>]
エンジン型式 水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ
総排気量(cc) 998
内径×行程(mm) 92×75.1
圧縮比 10:1
最高出力(ps/rpm) 95/7500
最大トルク(kg-m/rpm) 10.1/6000
燃料タンク容量(L) 18
変速機 6段リターン[電子式6段]
ブレーキF ディスク
ブレーキR ディスク
タイヤサイズ前 90/90-21
タイヤサイズ後 150/70R18
価格 155万1960円
価格(DCT) 165万9960円
※[]はDCT、<>はTypeLD

  • グリントウェーブブルーメタリック

  • グリントウェーブブルーメタリック

マシン・オブ・ザ・イヤー2018
国産車オールアルバムを見る
投票候補車名一覧(外国車含む)
マシン・オブ・ザ・イヤーに
投票する