フレームは黒、ホイールはブロンズに

スズキ「SV650X」に据え置き価格で新色登場! ホワイトシルバーのカフェレーサー

スズキは、水冷Vツインエンジンを搭載するミドルクラスのカフェレーサー「SV650X」にニューカラーを設定し、2023年モデルとして2月3日に発売すると発表した。


●文:ヤングマシン編集部(ヨ) ●外部リンク:スズキ

排出ガス規制適合はすでに最新!

スズキは、645ccの水冷V型2気筒エンジンを搭載するカフェレーサースタイルの「SV650X」にニューカラーを設定。従来のブラックは廃番になる。

新色のマットソードシルバーメタリックは、メーターバイザー部分をツートーンに見立てたカラーリングが特徴で、フレームは従来のブロンズ色からブラックアウト。代わりにホイールをブロンズ色とすることで、全体にメタリックな雰囲気を増した。

SV650Xは、ベースモデルのスポーツネイキッド・SV650にヘッドライトカウルやセパレートハンドル、タックロールシートを採用することでレトロモダンなカフェレーサースタイルに仕立てたもの。黒に統一されたレバー、ステップ&ペダル類もSV650X独自の装備だ。スタータースイッチを押し続けることなくエンジン始動が可能なスズキイージースタートシステム、前後ブレーキのABSなどはSV650と共通。

1998年にSV400、1999年に初代SV650が発売されて以降、元気がよく扱いやすいエンジンとニュートラルなハンドリング、そしてお財布に優しい価格で欧州を中心に絶大な支持を集めてきたスズキのミドルVツインスポーツ。幾度かのモデルチェンジを繰り返し、途中で“グラディウス”を名乗ったりしながら、現行世代のSV650が登場したのは2016年だった。

欧州のみならず北米や日本でもクロウト受けするキャラクターで根強い人気があり、2018年にはカフェレーサースタイルのSV650Xを追加、そして欧州では2021年モデル、日本仕様では2022年モデルで、それぞれ最新の排出ガス規制に適合している。

SUZUKI SV650X[2023 model]

スズキ|SV650X|2023年モデル

SUZUKI SV650X[2023 model]マットソードシルバーメタリック(QKA) [写真タップで拡大]

スズキ|SV650X|2023年モデル

SUZUKI SV650X[2023 model]マットソードシルバーメタリック(QKA) [写真タップで拡大]

車名SV650X
型式8BL-VP55E
全長×全幅×全高2140×730×1090mm
軸距1450mm
最低地上高135mm
シート高790mm
キャスター/トレール25°/106mm
装備重量199kg
エンジン型式水冷4ストロークV型2気筒DOHC4バルブ
総排気量645cc
内径×行程81.0×62.6mm
圧縮比11.2:1
最高出力72ps/8500rpm
最大トルク6.4kg-m/6800rpm
変速機常時噛合式6段リターン
燃料タンク容量14L
WMTCモード燃費24.4km/L(クラス3、サブクラス3-2、1名乗車時)
タイヤサイズ前120/70ZR17
タイヤサイズ後160/60ZR17
ブレーキ前油圧式ダブルディスク
ブレーキ後油圧式ディスク
乗車定員2名
価格84万7000円
発売日2023年2月3日

※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース