第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ボロボロのネジも直せます! ボルトの溝を復活させる魔法アイテム「ダイス」の使い方

ダイスの使い方

傷んだネジ、見て見ぬふりをして使っていたりはしないだろうか? 一見きれいに見えていても、回す時に抵抗や違和感があったらそれは寿命が来たサイン。そのまま使っているとネジ穴を痛めてしまったり、最悪の場合はボルトが折れてしまう(!)こともある 。本記事では、そんな時に役立つアイテム「ダイス」の効果と使い方について、バイクメンテナンス系YouTuberのDIY道楽テツ氏が解説する。


●文/まとめ:ヤングマシン編集部(DIY道楽テツ)

YouTubeクリエイター DIY道楽テツ

【YouTubeクリエイター:DIY道楽テツ】バイク雑誌の編集に携わったのち、20年以上の溶接の経験を活かしてDIYに勤しむYouTubeクリエイター。「バイクを元気にしたい!」というコンセプトで定期的に動画を配信している。最近では徒歩旅に目覚めたという。’76年生まれの2児の父。[URL]DIY道楽(メインチャンネル) / のまてつ父ちゃんの日常(サブチャンネル) [写真タップで拡大]

「ネジ山は滅びぬ。何度でも蘇るさ!」

何十年も前の旧車からピカピカの新車まで、昔から変わらずバイクを形作るのに重要な役割を果たしてきたボルト。経年劣化で汚れていくのは仕方ないことですが、ネジとして正常に機能する程度であれば問題にはなりません。しかし、腐食によって溝が埋まってしまっていたり、傷や凹みによってネジ山が潰れていたりすると、もはやボルトとして正常な機能は果たせません。

替えのボルトがないからといって無理やり詰め込んだりしてしまうと、必要な締め付けトルクの管理ができないばかりか、ネジ穴側の溝を傷めてしまったり、最悪の場合、締め込んでいる最中にボルトがねじ切れてしまうという悲惨な結果にもなりかねません。

ダイスの使い方|新品のネジ
ダイスの使い方|劣化したネジ

左が新品のネジ。しかし、最初はどんなにキレイなネジでも、時間が経つにつれ右のように劣化してしまうものです。 [写真タップで拡大]

ダイスの使い方|劣化したネジ

こんな状態になったら絶対に使用不可! ねじ穴を痛めるだけでなく、最悪折れてしまうことも…! [写真タップで拡大]

そんなわけで、ボルトを復活させましょう!

でも大丈夫! 「ボルトは滅びぬ、何度でも蘇るさ!」 …と、どこかの誰かが言ったかどうかは定かではありませんが、今回は魔法のアイテムで、ボルトを復活させてみたいと思います。以前「サビまみれのネジ穴を修復する方法!」の時に登場したアイテム「タップ&ダイスセット」の中から、今回はボルト側を復活させるアイテム「ダイス」を使います。

ダイスとは、何やら不思議な穴が開いたドーナツ形状の部品で、「ダイスハンドル」と呼ばれる道具に取り付けて使用します。

ダイスの使い方|ダイス&ダイスハンドル

穴が開いている下の丸い金属がダイス。上のダイスハンドルに取り付けて使用します。 [写真タップで拡大]

ダイスの使い方|タップ&ダイスセット

ネジやボルトの溝を切り直す「ダイス」に対して、ネジ穴やナットを修復するのが「タップ」。この2つがセットになったのがタップ&ダイスセットです。写真は筆者愛用のもの。 [写真タップで拡大]

【使い方】それでは早速、ボルトのネジ山修正いってみよう!

使い方としては、最初がとにかく肝心。ボルトのサイズとピッチ(溝の間隔)が合ってるかどうかをしっかりチェックしましょう。これが一番重要。

オートバイの国産車であれば、M5はピッチ0.8(mm)/M6ならピッチは1.0(mm)/M8ならピッチが1.25(mm)が一般的ですが、やはり基本としては最初にボルトのサイズ(直径)と、ネジ山のピッチ(間隔)をしっかりチェックしましょう。不安であれば、同じサイズ&ピッチのタップとボルトを合わせてみると間違いなくチェックできます。

ダイスの使い方|ピッチゲージ
ダイスの使い方|ピッチ確認

ピッチを測る専用工具「ピッチゲージ(写真左)」を使うのがもっとも確実ですが、同じピッチを持つタップと合わせてみても判別できます。 [写真タップで拡大]

そしてもうひとつ大切なのが『まっすぐ入れる』ということ!!

ダイスは本来、丸棒にネジ山を刻んでいく道具なので、入り口部分は比較的広く作られてます。その形状ゆえに、ボルトが斜めに入りやすいのでご注意ください。

しっかり、まっすぐ、ダイスにボルトが食いついていることを確認したら、後はしっかりボルトをダイスに通してやってください。潤滑剤を吹き付けるのも有効ですが、削られたカスが詰まるほうが抵抗になりやすいので、圧縮エアや缶スプレーのダスターで埃を飛ばすようにするとより効率的に作業が進みます。

ダイスに通したからといっていきなり新品同様になるわけではないですが、ネジの溝にあったサビを削り落として、ネジ山の歪みも修正、詰まっていたゴミや汚れも綺麗に取り払うことができます。

ダイスの使い方

ダイスに対してボルトは垂直に(←これ大事)。 [写真タップで拡大]

ダイスの使い方

ボルトを締め込んでいけば、ダイスの反対側から顔を出すのは修正されたネジ山!! このように、根本まで溝を刻み直せば完成です。 [写真タップで拡大]

ダイスの使い方

修正した後、試しにナットを通してみると、くるくると抵抗なく回ってくれました。もしこの時点で抵抗がある場合は、ボルトをもう一度ダイスに通すか、ナットまたはネジ穴にタップを通して再修正を試みてくださいね。 [写真タップで拡大]

やっぱりイチオシ! タップとダイスはセットで!

以前も書かせていただきましたが、タップとダイスはセットでの購入をおすすめします。

ネジ山の修正は、やはりネジ穴やタップの修正とセットで行うのが間違いがなく、効率のいい方法です。ボルトやナットネジ穴に関するトラブルは得てして突然やってくるもので、大きなトラブルを未然に防ぐという意味でも、工具箱にタップとダイスのセットはあって損はありません!

最初から高価なものを買う必要はないので、使ってくうちに一番使うサイズやこだわりたいサイズなどをグレードアップしていけばいいと思います。

私のタップ&ダイスのセットももう何十年前に買ったかわかりませんが、これまで何度助けられてきたか、数え切れません(笑)。

今回の記事が皆様の参考になれば、とても嬉しく思います。今回もご視聴ありがとうございました~!

ダイスの使い方|タップ&ダイス

[写真タップで拡大]

動画解説はこちら↓

(↓)YouTube動画のほうでは映像付きで解説しているのでよかったら参考にしてください♪

私のYouTubeチャンネルのほうでは、「バイクを元気にしたい!」というコンセプトのもと、3日に1本ペースでバイクいじりの動画を投稿しております。よかったら遊びにきてくださいね~!★メインチャンネルはコチラ→「DIY道楽」 ☆サブチャンネルもよろしく→「のまてつ父ちゃんの日常」


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース