助けて! ネジがナメそう!! “0円”お助けアイテムでピンチを切り抜けるテクニック

経年劣化で傷んでしまい、溝が潰れてナメかかっているネジ。しかも固くて回らない…! バイクのセルフメンテナンスを行なったり、家具などのDIYにチャレンジしたことがある人なら1度は経験があるだろう。無理に力を掛けて回すと完全にナメてしまいそうなそんなときのために、廃材を利用した”お婆ちゃんの知恵袋的テクニック”をバイクメンテナンス系ユーチューバー・DIY道楽テツ氏が紹介する。

●文:ヤングマシン編集部(DIY道楽テツ)

YouTubeクリエイター DIY道楽テツ

【YouTubeクリエイター:DIY道楽テツ】バイク雑誌の編集に携わったのち、20年以上の溶接の経験を活かしてDIYに勤しむYouTubeクリエイター。「バイクを元気にしたい!」というコンセプトで定期的に動画を配信している。最近では徒歩旅に目覚めたという。’76年生まれの2児の父。[URL]DIY道楽(メインチャンネル) / のまてつ父ちゃんの日常(サブチャンネル) [写真タップで拡大]

プラスネジはナメやすくて恐ろしい…!

回しやすいし手に入りやすいし、何しろ日常的に使うのはほとんどこのプラスのネジ。だけど、キャップボルトや六角ボルトと違って、サイズが多少違っても回せちゃうから、外そうと思ったらプラスネジの頭がナメかけていた! …というのはよくあることですよね。

さて、そんな時はどうするか?? ナメたネジ用の特殊工具を使う? もしくは液剤を使う? そうした専用品を使うのもいいですが…。実は、ナメてしまったネジを回すには”あるアイテム”が効果的なのです。

ナメたネジ

というわけで今回は、こんな感じのナメかけたネジがあります。しかもほどよ~く固着していて、このまま強引に回そうとすると完全にネジ穴が潰れてしまいそうな気配。 [写真タップで拡大]

自転車の廃チューブでナメネジ解決!

ナメたネジを回すためのあるものとは…自転車のチューブ!!

もちろん新品である必要はなくて、パンクしてダメになったやつでOK。つまりは廃チューブです。ご存知の通り、ゴムは非常に伸びが良い素材。ネジとドライバーの間に噛ませると、圧力で潰れてネジとドライバーの隙間を埋めてくれるので、ガタつかずに回す力がネジにきちんと伝わる! というスンポーです。極めてシンプルな理屈ですが、これがなかなか侮れないのです!

ナメたネジの外し方|自転車用チューブ

じゃーん! 自転車のチューブ!!(パンクしてます) [写真タップで拡大]

自転車用チューブ

よく伸びる、そして丈夫! そのまま捨てるにはモッタイナイ優秀なアイテムです。 [写真タップで拡大]

使い方はいたって簡単。扱いやすいサイズに切断して、外したいネジとドライバーの間に噛ませます。あとは普通に回すだけ!

シワになったり変に噛みこむこともなく、いとも簡単にネジとドライバーの隙間をギュギュッと埋めてくれて、さっきまでの不安感が嘘みたいな安定した状態になってくれます。そうすればしめたもの。遠慮なく力をかけられるので無駄なくトルクが伝わり、ネジが回りやすくなってくれます。

ナメたネジの外し方

このように、ネジとドライバーの間にチューブを挟み込み、トルクを掛けて回します。 [写真タップで拡大]

ナメたネジの外し方

「パキッ」…と! 滑ることなく、ネジが回せてしまいました。1度緩んでしまえば、あとは普通に外すだけ。簡単でしょ? [写真タップで拡大]

ゴムなら何でも可ですが、使いやすい自転車チューブがオススメ

この方法、自転車チューブでなくても、噛ませるのにちょうどいい厚さのゴムであればOK。例えば幅が広いタイプの輪ゴムなども使えるのですが、やっぱりオススメは自転車用のチューブ。なんせ廃チューブは無料ですからして(笑)。自転車屋さんの前にご自由にお持ち帰りくださいと置いてあることも多いですし、タイヤ交換した時などに捨てずに取っておくと、色々活用方法があります。

また、ネジがナメていなくても、プラスドライバーのサイズが微妙に合わない時などにも使える方法です。他にも、自転車用チューブはパイプを掴んで回したい時など、金属部品を扱うときのすべり止め&すり傷の防止にもなるので、アイデア次第で色々使えるアイテムだと思います

ちなみにママチャリ用のチューブは厚みがありますので、クリアランスが多いときにぴったり。また、ロードバイク用のチューブは薄いので、クリアランスが小さい時にちょうどいいです。良かったら皆さんも使ってみてください。予想外の使いやすさにびっくりすると思いますよ~! というわけで、今回もご視聴ありがとうございましたっ!

ナメたネジの外し方|自転車用チューブ

写真左がロードバイク用、右がママチャリ用です。ネジのナメ加減や手元にあるドライバーのサイズに応じて使い分けましょう! [写真タップで拡大]

ナメたネジの外し方|自転車用チューブ

切るのも簡単なのでお好きな大きさに切って多目的に使えます! [写真タップで拡大]

動画解説はこちら↓

(↓)YouTube動画のほうでは映像付きで解説しているのでよかったら参考にしてください♪

私のYouTubeチャンネルのほうでは、「バイクを元気にしたい!」というコンセプトのもと、3日に1本ペースでバイクいじりの動画を投稿しております。よかったら遊びにきてくださいね~!★メインチャンネルはコチラ→「DIY道楽」 ☆サブチャンネルもよろしく→「のまてつ父ちゃんの日常」


※本記事は”ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース