【裏技】カチカチになった古いステッカーを「びろ~っ」と剥がすカンタンな方法!

ステッカーを簡単に剥がす方法

古くなったステッカーを貼り替えたいとき、カチカチに固くなって剥がすのに苦労したことはないだろうか。剥がれないからといって無理に力を込めたり、道具を間違って使ってしまうと、バイクのボディや塗装面に傷をつけることもある。そんなときのために、本記事ではバイクメンテナンス系ユーチューバー・DIY道楽テツ氏が、特殊なケミカルや道具を使わず、家庭にある道具で簡単にステッカーを剥がす方法を紹介する。

●文/まとめ:ヤングマシン編集部(DIY道楽テツ)

DIY道楽テツ

【YouTubeクリエイター:DIY道楽テツ】バイク雑誌の編集に携わったのち、20年以上の溶接の経験を活かしてDIYに勤しむYouTubeクリエイター。「バイクを元気にしたい!」というコンセプトで定期的に動画を配信している。最近では徒歩旅に目覚めたという。’76年生まれの2児の父。[URL]DIY道楽(メインチャンネル) / のまてつ父ちゃんの日常(サブチャンネル) [写真タップで拡大]

洗面所の「あの道具」でステッカーがべろ~んと剥がれる!?

新しいステッカーに貼り替えるときやバイクを塗装するとき、古くなったステッカーを剥がしたいけども、硬くなっていてうまく剥がせない…。よくあることですが、本当に困りますよね。

  • カチカチに固くなったステッカーが剥がれない
  • 専用のステッカー剥がしスプレーを使っても上手く剥がれてくれない
  • 端っこが少し剥がれたと思ったら、すぐ切れてしまう
  • 苦労して剥がしても、糊がベタベタと残ってしまう
  • なかなか剥がれないからとカッターやスクレーパーを使ったら、バイクに傷がついてしまった…等々

軽い気持ちで始めたのに、なかなか剥がすことができず、次第にイライラしてきて、数時間も掛けたのに結局キレイに落とすことできなかったりして…。そんな苦労を経験したことがある方、少なくないのでは?(私は何度もあります)

ステッカーを簡単に剥がす方法|古くなったステッカー

20年モノのステッカー。すでにカチカチです…。 [写真タップで拡大]

どこにでもあるドライヤーを使ってみよう!

そんな時にぜひ試してもらいたい道具が”ドライヤー”。理想を言えば、温度調整ができるヒートガンが便利なのですが、ぶっちゃけ普通のドライヤーで大丈夫。値段の高い安いは関係ありません。安物でも、全然大丈夫です~!

ステッカーを簡単に剥がす方法|ドライヤー

安物でも高級品でもOK! [写真タップで拡大]

あと、欲を言えばスクレーパー(ヘラ)があればなおベターでしょうか。樹脂でも金属製でも、手持ちがあればご用意ください♪

ステッカーを簡単に剥がす方法|スクレーパー

爪でも剥がせるのですが、スクレーパーだと点ではなく線でステッカーを起こすことができるので、中途半端なところでちぎれにくいんです。 [写真タップで拡大]

やけどに気を付けて”焦らずじっくり”がコツ

論より証拠、それでは行ってみましょう! これが今回剥がしたいステッカーです。純正ステッカーなので厚みがあってしっかりしているのですが、なにぶん古いのでもうカチカチになっています。

ステッカーを簡単に剥がす方法|古くなったステッカー

[写真タップで拡大]

まずは、硬くこびりついてしまったステッカーをまんべんなくドライヤーで温めてやります。焦らずじっくりと…。全体が「熱いかな?」ってくらいに温まればOK! 剥がしにかかりましょう。

ステッカーを簡単に剥がす方法

ドライヤーを使い、ちょっと熱いかなと感じるくらいに全体を温める。 [写真タップで拡大]

十分温まったらスクレーパーを使って剥がしていきます。最初から角を攻めるのではなくて、ステッカーの一辺を”線”で捉えて全体を起こしていきます。またボディに傷をつけないように爪を立てないのもコツ。

ステッカーを簡単に剥がす方法

ドライヤーで全体を温めたら、スクレーパーを使って角ではなく線で起こしていく。力を込めすぎてスクレーパーの爪を立てないよう注意! [写真タップで拡大]

スクレーパーを使って指でつまめるくらいになった、そのままゆっくりと剥がしていきましょう。この間も油断せず、残りの部分をドライヤーで温め続けます。

ステッカーを簡単に剥がす方法

ほら、ベローンと…もうちょい!! [写真タップで拡大]

ステッカーを簡単に剥がす方法

ぺりっ…と!! はい、綺麗に剥がれました~! [写真タップで拡大]

なんか絵面的に騙されたような気になってしまいますが、そのカラクリはいたって簡単。

古いステッカーが剥がしにくくなるのは、糊が時間の経過とともに劣化して接着面により強固にくっついてしまうから。この劣化した糊をドライヤーで温めることで、粘着力を一時的に落とすことが可能なんです。つまり粘着成分ごと柔らかくなるので、うまくいけば糊が残ることもなく、ツルっと綺麗に剥がすことができます。

ステッカーを簡単に剥がす方法|剥がした跡

糊も残らず、つるっと剥がせました~! [写真タップで拡大]

どうですか? 拍子抜けするくらいに簡単でしょ?? 言われてみれば簡単なテクニックなのですが、簡単すぎて気づかなかったのが正直な感想でした。

どんなステッカーも簡単に剥がれるワケではない?

ただ、ここで注意点。この方法でどんなステッカーでもするっと剥がすことができるかというとそういうわけではありません。たとえば紙でできたステッカーは強度自体があまり高くないので、途中で切れて剥がしにくくなることが多いようです。とは言っても、糊の成分を柔らかくすることができるのは同じなので、何もしないで剥がすよりは断然楽になります。

また、ビニールステッカーでも薄いものになると、温めすぎてビニールが伸びてしまって、かえって切れやすくなってしまいます。温めすぎにはくれぐれもご注意ください。

ドライヤーよりもっと便利な「ヒートガン」があればなおヨシ!

温度管理という点では、温度調整式のヒートガンがとても便利です。

ステッカーを簡単に剥がす方法|ヒートガン

ヒートガンはドライヤーよりも高温の熱風を出せる作業道具。温度調整機能付きのものが主流。その気になればピザも焼ける(!?) [写真タップで拡大]

下は60度から上は450度ぐらいまで調整できるものもあるので、比較的低めの温度から始めて全体をまんべんなく温めてあげると、大きなステッカーでも途中で切れてしまうことなく剥がすことができます。

今回のテクニックが皆様の参考になれば嬉しく思います。ご視聴ありがとうございました!

動画解説はこちら↓

私のYouTubeチャンネルのほうでは、「バイクを元気にしたい!」というコンセプトのもと、3日に1本ペースでバイクいじりの動画を投稿しております。よかったら遊びにきてくださいね~!★メインチャンネルはコチラ→「DIY道楽」 ☆サブチャンネルもよろしく→「のまてつ父ちゃんの日常」

※掲載されている手法は執筆者の個人的な経験に基づくものであり、すべてのケースに適合するものではありません。実際の作業にあたっては自己責任にてお願いします。 
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

ホーム丸山浩の新型ヤマハYZF-R7インプレ総括【vsライバル徹底比較:RS660/CBR650R/ニンジャ650】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース