YAMAHA RZV500R×RIDE HI

【ヤマハ RZV500R】ヤマハの2ストV4フラッグシップは、前2気筒と後2気筒でエンジンが違う異端児!

●文: ライドハイ編集部(根本健) ●写真: ヤマハ発動機

2ストファンには永遠の頂点マシン、V4エンジンのRZV500R。前2気筒と後2気筒を別々に開発してギヤ連結するYZRレプリカのこだわりとは?

1980年、ヤマハはRZ250のデビューで当時の排気ガス規制で終焉を迎えるといわれた2ストロークエンジンを復活、一躍スポーツバイクの王座を奪還した。

そこで4ストロークが主流の大型スーパースポーツで遅れをとっていたヤマハは、このRZの勢いでフラッグシップの領域でもイメージアップを果たせればと、世界GPクラスでチャンピオン争いを繰り広げていた2ストGPマシンのYZR500レプリカの開発を決定、1984年にその全貌が明らかになった。

マシンの名はRZV500R。RZの後ろにあるVは、いうまでもなくエンジンがV型配列であることを示している。

ファンを驚かせたのはそのメカニズムの複雑さ。4ストロークのように機械的なバルブ駆動がないシンプルな2ストロークでも、世界GPマシンYZR500のV型4気筒エンジンとなると特異な構造になってくる。

そもそもヤマハが世界GP最高峰の500ccクラスへ挑戦を開始したのが1973年。初代YZR500は、250cc並列2気筒の2台を横に連結した4気筒で、進化を重ねながら1980年まで続いた。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

ホーム【CBXが蘇る!】CB400SF用外装キット開発秘話&インタビュー〈ドレミコレクション#2〉
WEBヤングマシン|新車バイクニュース