チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ブルーなのにピンクとは|モーサイ

免許写真の背景は青じゃなくてOK !! 隠れ人気「ピンク免許証」を広めたのは大手自動車メーカー日産だった

●レポート: 山本晋也 ●写真: モーサイ編集部 ●編集: モーサイ編集部(中牟田歩実)

免許証に使える写真のルールは意外にシンプル

2019年12月の道路交通法改正により、2250円の手数料こそかかりますが「運転免許証の写真が気に入らない」という理由で免許証の再発行をすることが可能になりました。

とはいえ、免許センターの流れ作業で撮られる写真に決め顔で写るのは難しいでしょう。確実に納得のできる写真で免許証を作るには「写真の持ち込み制度」を利用するのが確実です。

では、持ち込む写真にはどのような条件があるのでしょうか。

例えば東京都の場合、警視庁のホームページによると、免許証の作成に使うことのできる写真には、次のような条件が提示されています。

  • 道路交通法施行規則の基準を満たしているもの
  • 縦3センチメートル×横2.4センチメートル(国外運転免許証申請時に添付する写真サイズは、縦5センチメートル×横4センチメートル)
  • 無帽(宗教上又は医療上の理由がある場合を除く。)、正面、上三分身
  • 無背景
  • 申請前6か月以内に撮影したもの
  • 個人識別が容易にできるもの
  • 免許証が適正に作成できるもの

一般に運転免許証の写真というと、ブルーかグレーの背景という印象が強いのですが、道路交通法では「無背景」と定められているだけです。そうです、じつは背景色は何色でもよいのです。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホームカブ系17インチに新顔! 日本ミシュランタイヤ、新製品「シティー エクストラ」を発売
WEBヤングマシン|新車バイクニュース