ライドナレッジ|RIDE HI

【Q&A】なぜブレーキのフルードカップにリストバンドを装着するの?

●文/写真: ライドハイ(伊藤康司) ●写真:本田技研工業, HRC

ブレーキ液の飛散を防ぐ

フロントブレーキのマスターシリンダーのカップに巻いている、タオル地の“リストバンド”みたいなカバー。1980年代後半にレプリカモデルにフルードカップ別体式のマスターシリンダーが装備され始めたころは、皆がこぞって装着していた。

最近は一般車では人気が下火な感じもするが、現在も多くのMotoGPマシンが装着しているところを見ると、どうやら単なる“お洒落アイテム”ではなさそうだ……。

このリストバンド、正しくはマスターシリンダーカップバンド、またはリザーバータンクカバーと呼ばれるれっきとしたレース用アイテム……だが、昔は本当にテニスなどのスポーツで使う汗止めのリストバンドを流用していた。それはさておき、装着する理由は「ブレーキフルードの飛散防止」だ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

ホーム“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:ストリートスポーツビッグバイク部門【隼が総合部門との2冠を達成】
WEBヤングマシン|新車バイクニュース