ZZR250~ヴェルシス-X250|モーサイ

「ZZR250、ニンジャ250R、そしてニンジャ250へ」カワサキ250並列2気筒の系譜【1990~2020年代編】

●レポート: 阪本一史 ●写真: 八重洲出版/カワサキ ●編集: モーサイ編集部(上野茂岐)

後年は250ツアラー、250スーパースポーツと独自の存在感を発揮

1985年登場のロードスポーツモデル GPZ250R用として新開発された250cc水冷DOHC4バルブ並列2気筒。これを原型とするエンジンが2010年代までカワサキ製250ccロードスポーツの主力エンジンたり、今なおアドベンチャーモデルのヴェルシス-X250用として現役であるのをご存知だろうか。

30年以上の時が流れる間、90年代以降は排出ガス規制が厳しくなっていき、バイクのトレンドも大きく変化していった。

そうしたなかで、カワサキ製250cc水冷DOHC4バルブ並列2気筒はどのようなモデルに搭載され、各車はどのようなキャラクターだったのか。

当記事では90年代以降のロードスポーツモデルを中心に解説をしていきたい。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報