海外のバイク事情|モーサイ

タイのトゥクトゥクがCO2削減政策で絶滅の危機!? 最新の東南アジア3輪自動車事情

●レポート&写真:高田胤臣 ●編集:モーサイ編集部(小泉元暉)

実はトゥクトゥクは日本発祥の乗り物

タイの代表的な乗り物である「トゥクトゥク」は、日本では観光タクシーや移動販売などでよく使われている。

日本人が一般的に思い浮かべる3輪タクシー=トゥクトゥクはまさにタイだけの乗り物だと思うだろうが、インドやフィリピンなど東南アジア各国ではトゥクトゥクに似たさまざまなタイプの3輪タクシーがあるのだ。

そんなトゥクトゥクは、タイでは移動手段のひとつとして観光客や地元民から利用されることが多い。

オリエンタルなデザインとなっているトゥクトゥクだが、タイ国内でもいくつかのタイプがあり、必ずしもフロント1輪、リヤ2輪という形だけではないのだ。

実はトゥクトゥクは日本が発祥の乗り物だ。1957年に日本で販売されていた「ダイハツ ミゼット DK型」の中古車が30台ほどタイ国内に輸入されたのが始まり。当初は、ダイハツ・ミゼットDK型がバンコク中華街で多く使われていた。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース