ライドナレッジ|RIDE HI

【Q&A】「えっ! これってキャストホイールじゃないんですか?」

●文: ライドハイ(伊藤康司) ●写真: カワサキ, 本田技研工業, ヤマハ発動機

鍛造(Forged)ホイールは、キャスト(鋳造)ホイールではない

バイク用のホイールは、大別すればスポークホイールとキャストホイールの2種類、と思っている方が多いのではないだろうか。カスタム好きな方なら“他にもカーボンホイールがあるよ”というかもしれないが、おおむね正解……でもなかったりする。

問題なのはキャストホイール。キャスト=Castingとは“鋳造”のことで、溶かした金属を型に流し込んでつくる製造方法を指している。バイクのホイールに関しては、1970年代中頃にカスタムパーツとして登場し、後半にメーカー純正採用が始まり、レースに使われるようになったのは1980年代中頃からだ。そして現在は多くのロードスポーツモデルがキャストホイールを履いている。

ところが1990年代頃から“鍛造製法”のバイク用ホイールが開発されるようになったのだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報