あおり運転の心理学|モーサイ

人はなぜ「あおり運転」をしてしまうのか? その心理状況と原因について心理学者に聞いてみた

●監修:ひなたあきら ●まとめ:モーサイ編集部(小泉元暉)

なぜ「あおり運転」をしてしまうのか、そしてそれを過激化させない行動とは

極端な幅寄せをする、前方車両の車間距離を詰める、わざとブレーキをかけて後方車両に迷惑をかける「あおり運転」。時には悲惨な事故も引き起こしている。

2017年6月に神奈川県の東名高速道路で起こったあおり運転による事故では、夫婦や子どもが乗っていたワゴン車が「追い越し車線へ停車中」に後続のトラックに追突された。

この事故では、夫がパーキングエリアで駐車位置について注意した乗用車に、しつこく追いかけられ、何度もあおり運転被害を受けていた。

そうして、追い越し車線に無理やり停車させられた結果の事故だったという。夫婦は死亡、一緒に乗車していた長女と次女だけが無事だった。

2020年6月より改正した道路交通法によって、現在はあおり運転をした場合には罰則が課せられているが、このように大きな事故の原因となるあおり運転を人はなぜやってしまうのだろうか。

そこで当記事では、「あおり運転」をやってしまう人の心理状況、あおり運転の被害を受けた場合により過激化させないための行動など、心理学者のひなた あきらさんに聞いてみた。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報