昭和のバイク インプレッション|モーサイ

小説と映画で80年代に大ブーム!『彼のオートバイ、彼女の島』主人公の愛車カワサキ・W3はどんな走りだった?

●記事提供:モーサイ編集部 ●レポート:阪本一史(『モーターサイクリストクラシック』元編集長) ●写真:澤田和久/モーターサイクリストクラシック ●編集:平塚直樹

ブーム体験の思い出も交えたW3試乗インプレッション

1970年代後半から1980年代にかけて、バイク好きの若者たちを虜にした小説が片岡義男の『彼のオートバイ、彼女の島』です。1986年に同名の映画が公開されたこともあり(故・大林宣彦監督)、当時バイクで青春を謳歌していた世代などに、絶大な人気を誇りました。

そして、主人公の橋本 巧(コオ)が乗るカワサキ「W3」も、すでに販売が終了していたにもかかわらず、一躍憬れの的となりました。

では、そのW3とはどんなバイクだったのでしょうか? 雑誌『別冊モーターサイクリスト』『モーターサイクリストクラシック』の元編集長で、実際にW3の試乗を経験したことがある筆者が、その独特の乗り味を紹介。『彼のオートバイ、彼女の島』ブームを経験したど真ん中世代でもあることから、当時の思い出も交えて語ります。

カワサキ「ダブル」のルーツはメグロ「スタミナ」

『彼のオートバイ 彼女の島』の主人公コオが愛機としていたのは、1960年代に開発されたカワサキ「W1」系モデルの末裔、「W3」である。どんなバイクなのか、その生い立ちからを紹介しよう。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報