無免許運転に5人乗りも!?|モーサイ

タイでは小中学生でも「学生服を着ればバイクに乗れる!?」ナゾの習慣があるその理由とは?

●編集:モーサイ編集部・小泉元暉 ●レポート:高田胤臣  ●写真:高田胤臣/タイランドハイパーリンクス

農村ではトラクターやバイクで移動するのが当たり前?!

タイは地方に行くと娯楽がなく、中学生・高校生くらいになるとみんなバイクで走り回って遊んでいる。常夏で気温が高いので自転車に乗る文化は根づかず、農村だとトラクターやバイクで移動するのが当たり前だ。

朝、郊外の小学校や中学校、そして高校を見ていると、普通にバイクで通学してくる生徒を見かける。

ときには3人乗り、すごいケースでは5人乗りくらいで現れる。高校生ならともかく、小学生・中学生は確実に無免許である(タイでは15歳で二輪免許<110cc以下>で取得でき、クルマは18歳から取得可能)。

当然ながら、無免許運転はタイでも違反になる。せいぜい数百円の罰金刑でしかないが、法律違反であるのは間違いない。

タイは朝食を家族で食べず、学校の前の屋台などで済ます。そのため、早朝の学校前はちょっとした朝一のようで賑やかになる。

そういう場所にはだいたい警察官が立ち交通整理をするのだが、なぜか生徒のバイク通学は無視するのである。いったいどういうことなのだろうか。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報