50ccやオフロード車もあった!|モーサイ

Vツインじゃないハーレー大図鑑「ゴルフカートにスクーター、2ストスポーツも!」1950〜1960年代編

最近でこそ、オフロード走行も視野に入れたアドベンチャーモデル「パンアメリカ」や電動モデル「ライブワイヤー」など今までイメージとは違ったモデルを展開しているハーレダビットソンだが、「ハーレー」と言えば多くの人が大排気量Vツインエンジン搭載の威風堂々のビッグなクルーザーをイメージするだろう。

だが、ハーレーダビッドソンの100年以上に渡る長い歴史の過程では、ミニバイクやスクーター、オフロード車も存在していたのだ。そうしたユニークな「ハーレーファミリー」たちを当記事では紹介したい。

●編集:阪本一史/上野茂岐(モーサイ編集部) ●写真:八重洲出版/ハーレーダビッドソン

ハーレーにVツインが登場したのは1909年から

ハーレーダビッドソン=Vツインが今や定石のようになっているが、かつては様々なエンジンレイアウトのマシンたちがハーレーダビッドソンのマークを付けて販売されていた。

さかのぼれば、1903年の創業当初は409ccの4ストローク単気筒エンジンでスタートし、今から112年前の1909年にVツインエンジン(810cc)が登場。

裏を返せば創業から数年間は単気筒エンジンのみを生産していたのであり、それ以降、第二次世界大戦を挟んで戦後復興の復興状況に合わせて、経済的なシングルモデルを生産していた。

また、それ以外にも水平対向エンジンや自社製の2ストロークエンジンまで手掛け、排気量では50ccや90ccのミニモデルまで存在していた。

他のモーターサイクルメーカーにしても、シンプルな構造のエンジンで創業している例は多い。

縦置きVツインで有名なモトグッツィは、戦前に水平単気筒エンジンでスタートしたし、「Lツイン」(90度Vツイン)でおなじみのドゥカティは、戦後50cc 4ストローク単気筒搭載の原動機付き自転車・クッチョロが始まりだったのだ。

ハーレーダビッドソンも例に漏れず、黎明期はもちろんのことVツインエンジン登場後も、市場の動向に合わせた様々なタイプのモデルを供給した。

そして、ハーレーは1960年にイタリア・アエルマッキの株式の50%を取得、多くのイタリアンハーレーを市場に投入してユーザーを増加させていったのである。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報