YAMAHA XS-1×ライドハイ

ヤマハ初のビッグバイクXS-1が英国調ツインにこだわった独自性とは

当時のヤマハはスーパースポーツなら2ストローク、4ストロークの大型バイクは性能より高級感が欧米の潮流だった! 英独勢が占める大型高価格帯バイクの市場は性能で勝負しない領域。ヤマハは他の日本メーカーとは異なる価値観で市場を捉えていた。

●文:ライドハイ編集部(根本健) ●写真:ヤマハ発動機

性能より品位の高さで世界一を目指したXS-1

1969年、東京モーターショーにヤマハXS-1がデビューした。初の4ストロークエンジンで、これまでにない650ccもの大排気量モデルとして注目を浴びていた。

初の4ストロークという表現を説明しておくと、ヤマハは製品第1号のYA-1(125cc)から2ストロークエンジンのメーカー。4ストロークのように機械駆動される吸排気のバルブを持たず構造もシンプル、毎回爆発するので小排気量エンジンでも高出力が得やすく、多くのメーカーがこぞって採用していた。’60年代までは国産大型バイクでメグロやライラックに陸王など4ストロークエンジン車も存在したが、’60年代後半に淘汰されてからはホンダを除き2ストロークエンジンが主流を占めていた。

それが世界GP制覇を足がかりに、日本メーカーは250ccスポーツを中心に欧米で大型バイク並みの性能が得られると人気で、その次へのステップとして高級高価な英独勢が占めていた大型車のマーケットへの進出を試みようとしていた。
ちょうどその折りにデビューしたのが1968年のホンダCB750フォアであり、1972年のカワサキZ1という、世界最速を目指したスーパースポーツ。もちろん、量産車で初の4気筒というスーパーメカニズム、そして200km/hという最速!世界中から注目を浴びた。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報