History|モーサイ

1970年代に「ザッパー」の愛称で大ヒット! 時代を築いた名車Z650誕生ストーリー【カワサキ空冷4発の系譜】

1970年代に登場したカワサキの「Z650」は、ザッパーの愛称で親しまれ、絶大な人気を誇った名車中の名車。しかもこのモデルはその後30年近く続く、カワサキの空冷ナナハン4気筒のルーツとなったという点で、歴史的にも非常に重要なバイクだと言えます。この記事では、そんな名車ザッパーがどんな性格のバイクで、そのDNAはどのようなバイクに受け継がれていったか? また、当時を知る筆者が感じた乗り味など、その魅力を3回に分けて余すことなく紹介します。第一回目は、ザッパーが誕生した時代背景や開発秘話について解説しましょう。

●記事提供:モーサイ編集部 ●レポート:阪本一史(元・別冊モーターサイクリスト編集長) ●写真:八重洲出版/澤田和久 ●編集:平塚直樹

カワサキ空冷4気筒モデルの名機が目指したのは「Z1ジュニア」

ザッパーは、英文字で「ZAPPER」という綴りの造語だ。1976年登場のカワサキZ650を指し、同エンジンベースのスポーツモデル群を「ザッパー系」とも称する。

名前の由来は、「ZAP=風を切る擬音」に端を発しており、軽快に走るスポーツ車を表していることは、古くからのバイク好きの方ならご存じだろう。

後に、ザッパー系は1970〜1980年代のカワサキの代表的モデル系統となったが、当時のカワサキ開発陣は、Z650を「”Z1ジュニア”という位置づけだった」と語っていた(Z1は1972年に発売され、世界的に大ヒットした大排気量モデル「Z900SUPER4」の愛称)。

この言葉からもわかるように、当時は常にZ1系が表、ザッパーが裏の顔という存在だった。

では、なぜZ1ジュニアなのか? それは、当時のカワサキが、国産4気筒車の開発でホンダの後塵を拝したからだと言えなくもない。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報