教えてネモケン|ライドハイ

【Q&A】タイヤが減ってくると滑りやすくなるのはなぜですか?

熱い闘いが繰り広げられるMotoGPやSBK。観ていて毎レース気になるのがタイヤです。前半にペースを上げると最後にグリップしなくなるとか、後半に備えて温存するとかタイヤのグリップ性能はそんなに変わるのですか?

A.トレッド面のゴム層が摩耗するとダンピング性能も落ちるからです

レース結果を左右するタイヤですが、最後までグリップの変わらないモノを用意できれば問題ないはず。

なぜタイヤメーカーが開発しないのか疑問に思われるかもしれません。

レーシングタイヤ、溝のないスリックタイヤは、技術的にもさまざまな要素が絡んでいて簡単に説明できない部分もあるのですが、ここでは細かいコトは抜きにして概要だけでお話しましょう。

タイヤが摩耗するとグリップしなくなるのは、路面と接しているトレッド部分のゴム層が薄くなるからです。タイヤのグリップ力は、もちろん一般的にコンパウンドと呼ばれるゴム質の粘着力がベースですが、実はもっと大事なのがダンピング性能。

つまり、滑りだしそうになったとき、一気にスリップさせない減衰特性が大切になるんです。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報