教えてネモケン|ライドハイ

【Q&A】フロントブレーキはもっと強くかけられる!?|【YouTube連動企画 #002】

はじめの前のめりの少ない位置から強めると、驚きのストッピングパワー。それには、強くかけるときほどレバーへ指を滑り込ませるアクションが決め手になるといいます。ネモケンこと根本健さんのYouTube連動企画、第2弾です。

●文:ライドハイ編集部(根本健) ●イラスト:藤原らんか

A.レバーを上から押しつけながら、手の平ごと滑り込ませる

雑誌『RIDE HI』で連載しているRIDE LECTURE。YouTubeの同名動画でわかりやすくて身につくと好評です。

001で前のめりの少ないブレーキのかけ方を身につけたなら、#002ではその延長線上にある、もっと強くかけられるテクニックを身につけましょう。 想像もできなかった、ベテラン級のハードブレーキングができるのです。

しかも怖くない。フロントタイヤが太くなったと思えるほど安心感が大きく、それでいて制動距離も短いという信じ難いパフォーマンスが手に入ります!

ハードブレーキングは、レースのような乗り方をしていると、スロットルは開いた(捻った)状態から全閉へ戻す動作と同時にブレーキレバーも操作してしまいます。

いやいや、そんなガンガン開けて乗ったりしないから……と思われた方も、咄嗟のとき、いわゆる緊急時に急ブレーキをかけるワケで、これからご説明するアクションには慣れておくのが,危険回避の意味でも一番良い方法だと思います。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報