ヒストリー|モーサイ

これが……カタナにZだって? 名車の名を冠する“アレ”なバイク6選

Z、カタナ、CB、ニンジャetc……各社がリリースする有名モデルの名前は、バイクに乗る人も乗らない人も1度は耳にしたことがあると思う。しかし、そんな有名シリーズの中にも隠れた迷車(名車?)がいるわけで……。ここではそんな日陰者たち(?)を陽のあたる場所へと引っ張り出してみた。

ホンダ ポートカブC240(1962)

1958年に初代C100が誕生して以降、愛され続けて60年。老若男女、国内外で愛されているホンダのスーパーカブ。そんな”カブ”の名を冠しながら、ごく短命に終わったのがここに紹介するポートカブ。

「世界中の港(=Port)でも見かけるくらい身近なカブであれ」との願いを込めて命名され、女性や老人でも気軽に乗り降り可能で、簡便な操作性を狙った廉価版モデル。2段変速のOHVエンジンや、プレスアンダーボーンフレームなど、専用部品が多数使用された。

が、本家と比べていくらか性能が低くなった一方で、”廉価版”の割に対して値段は対して下がらず、売れ行きは芳しいものではなかった。

以下、

・ホンダ ベンリィCB135(1970)
・カワサキ Z200(1977)
・スズキ GS650G(1981)
・ヤマハ SR125(1981)
・カワサキ GPZ400S(1986)

と続きます。

→全文を読む|写真×8点(モーサイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報