モーサイ燃費調査室

150に続きジクサー250もリッター40km後半の低燃費!下道800km走ってみたら凄い記録が!!

●レポート&写真:モーサイ編集部・日暮大輔

「ううむ、想像以上の記録が出てしまった……」スズキ・ジクサー250で一般道の燃費調査を行い、はじき出された数値に思わずうなる筆者。それもそのはず。ジクサー250で一般道をひたすら走行した結果叩き出された燃費は、なんと最高でカタログ値の約2.5割増……!?

GSX1400の生産終了以来、久々の油冷エンジンを搭載

ジクサー250は、スズキが販売している排気量249ccのオンロードバイクです。

新開発の油冷方式であるSOCS(※1)を採用した249ccSEPエンジン(※2)は徹底した低フリクション化が行われており、9000回転で26馬力を発生させつつも、WMTCモード値で250ccクラストップの37.7km/Lという優れた燃費を実現。

また、燃料タンク容量は12リットルとなっており、満タン時の航続距離は250ccクラス第3位となる約452.4km(ちなみに第1位はスズキ・Vストローム250の537.2km、第2位はスズキ・GSX250Rの487.5km)。ワンタンクで東京〜鈴鹿サーキット(約400km)間の走行を難なくこなしてしまう燃費性能を持っているのです。

そう、あくまでも計算上は……。

全文を読む写真×18点(モーサイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報