History|モーサイ

【油冷エンジンの名車たち】GSF1200/GSF1200Sはスズキ伝家の宝刀を投入した強烈ウイリーマシンだった

●まとめ:モーサイ編集部 ●レポート:小川恭範 ●写真:スズキ ●編集:平塚直樹

ジクサー250/ジクサーSF250の登場で、2008年に生産終了したGSX1400以来の復活を遂げた、スズキ伝統の「油冷エンジン」。この方式は、1985年に発売されたGSX-R750以来、スズキのスポーツバイクに数多く採用されてきた。ここでは、1990年代にブームとなったビッグネイキッドの中で、他にない個性を放っていた「GSF1200/GSF1200S」について紹介したい。

伝家の宝刀を1995年に満を持して投入

1990年に排気量750ccを超えるバイク、いわゆる「オーバーナナハン」が解禁。それを受けて、国内各メーカーは、排気量が1000ccを超える4気筒エンジンを搭載したリッターネイキッドを続々と発売させた。

ホンダはCB1000SF(SC30)、ヤマハがXJR1200(4KG)、カワサキもゼファー1100(ZRT10A)などを投入。当時流行し始めていたカウルレスのクラシカルな「ネイキッド」スタイルに大排気量エンジンの組み合わせは、国内市場で高い人気を集める。

一方、同年スズキは、それらに800ccの2気筒エンジンで対抗する。
それまで海外専売モデルだったVツインエンジンを搭載したVX800(VS51A)の国内仕様モデルを投入し、一部マニアの喝采を浴びた。

スズキが、大排気量の4気筒エンジン搭載車を投入したのは1994年から。
まず、手始めに同じく海外専売だった空冷4気筒エンジンの名車、GSX1100Sカタナ(GU76A)を国内に投入する。

そして翌1995年、満を持してスズキ「伝家の宝刀」ともいえる油冷エンジンを搭載した新型リッタービッグネイキッドを国内投入。それが初代モデルのGSF1200(GV75A)だ。

4メーカーのビッグネイキッドが揃ったことで、同ジャンルは過熱の一途をたどっていった。

全文を読む写真×6点(モーサイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報