教えてネモケン|ライドハイ

【Q&A】高価なサスペンションって何が違うの?

●文:ライドハイ編集部(根本健)

A.路面に吸い付くグリップで安心感は絶大です!

メーカーが生産工場で組み込んだフロントフォークやリヤサスペンションを、高価なカスタムパーツに交換しているライダーがいます。

有名ブランドだとリヤサスで10万円以上、フロントフォークで30万円以上と超高価。

エンジンのチューンとかマフラーでもないのに、そこまで費やして何が得られるのか、と思われるかも知れません。

最大の違いは、ちょっとした入力にも良く動くこと。エッ、サスはスポーティな仕様ほど硬くしてあるのでは?というのは大きな勘違いです。

たとえば、一見スムーズな舗装路面でも、表面は鏡面のように真っ平らというワケにはいかず、細かく上下があったり傾斜もしています。
これが矢継ぎ早にやってくると、グリップ性能を追求した柔らかいゴムのトレッド(路面に接する部分)でも、面圧が減って滑りやすくなったり、浮き気味になることもあります。

こうした状況に、高性能なサスはわずかな動きにも追従して、タイヤと路面の接地圧をキープするので、グリップ性能は格段に高まります。

しかし、このわずかな動きにも常に追従できる状態というのは、簡単ではないのです。

→全文を読む(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

記事提供:ライドハイ

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報