教えてネモケン[ライドハイ]

【Q&A】カーブが思ったよりきつかったら、どうすればいいの?

●文:ライドハイ編集部(根本健)

ワインディングロードを気持ちよく流しているとき、サーキットを攻めているときなどに、カーブに進入してみたら思っていたよりも曲がり込みがきつかった……なんていうことがあります。そこでパニックにならたいために、何をしたらいいの? という疑問に答えます。

A.アタマと上半身で思いきり重心を下げましょう

ツーリングで曲がりくねった道、いわゆるワインディングロードを右へ左へとコーナリングしながら駆け抜けるのは、まさにバイクの醍醐味ですよネ。

慣れない頃はカーブの多い山道を避けていたのに、楽しくなるとカーブがないと退屈に感じたり……とはいえ、たまにドキッとするのが、コーナリング中にカーブが思ったよりキツイのに気付いたとき。

そんなとき、ツーリング・ペースで走っていたならば、躊躇せずにアタマと上半身を、思いきり内側の下方向へ低く身構えてください。

ご本人は思いきりのつもりでも、ちょっと横へ身を乗り出した程度だと効果がありません。外側のハンドルを掴んでいる腕が伸びきってしまうくらい、アタマと上半身が「路面に近い!」と感じるまでやってみましょう。

さらに――

→全文を読む(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報