History&雑ネタ|モーサイ

50年前にも「アールワン」と「アールスリー」がいた! 受け継がれしヤマハスポーツバイクの称号

●まとめ:モーサイ編集部・高垣/上野

YZF-R1を筆頭とするヤマハのスーパースポーツモデル「YZF-R」シリーズ。1000ccのYZF-R1、600ccのYZF-R6、320ccのYZF-R3、250ccのYZF-R25、そして125ccのYZF-R125までを世界で展開しており、多くのファンを持つ。ところで「アールワン」「アールスリー」の車名は、実は半世紀以上昔から受け継がれる由緒あるもの(?)だったのをご存知だろうか?

ヤマハ・スポーツ350R1(1967年登場)

「海外メーカーのビッグバイクに対抗できるだけの走行性能を備えた車両が必要だ」という当時の技術者たちの強い願いを託されて登場したフルスケール350ccモデル、それがヤマハスポーツ350R1である。

1970年にXS-1(650cc)が登場するまでの間、ヤマハを牽引したフラッグシップモデルであり、ラインアップ中最大排気量を誇った。

エンジンは最高出力36馬力の空冷2サイクル350cc並列2気筒で、当然4サイクル4気筒1000ccのYZF-R1とは設計上の関連性はない。

しかし「フラッグシップモデルである」ということは2車の共通点だ。

→全文を読む|写真×6点(モーサイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報