History&雑ネタ|モーサイ

半世紀以上前にアールニーゴー&アールシックスがあった! ヤマハじゃなくてBMWです

●まとめ:モーサイ編集部・高垣/モーサイ編集部・上野 ●写真:八重洲出版/ヤマハ

R25=アールニーゴー、R6=アールシックスと聞いてまず思い浮かぶのはヤマハのスーパースポーツバイク、YZF-R25/YZF-R6。じつはこの車名、半世紀以上昔のドイツでも使われていたのである。本記事ではそんな古(いにしえ)のモデルを紹介していきたい。

約70年前のR25(1951)

ヤマハの「YZF-R25」「YZF-R6」、前者は昨今の250ccスーパースポーツブームを作った立役者だし、後者は輸出モデルとして北米、欧州で高く評価されているモデルだ(国内では逆輸入車として一部販売業者から販売されてきたほか、公道走行のできない「レースベース車」は受注生産で国内正規販売されていた)。しかしこのR25=アールニーゴー、R6=アールシックスという車名は、半世紀以上昔のドイツでも使われていた。

まずは、さかのぼること69年前、1951年に登場したBMW R25。

同車は1925年~1966年に掛けてBMWが販売していたOHV単気筒モデルの内の1台。改良版のR25/2、R25/3を含めで10万台以上が市場に出まわり、クラシックなBMWのOHV単気筒車の中でも残存率が最も高いのが、このR25だと言われている。

全溶接式のフレーム+プランジャー式のリヤサスペンションを採用し、4速ミッション、自動進角を備えるエンジンは前身モデルのR24の改良版で、最高出力12psを発揮(1954年に登場したR25/3は13psにパワーアップしている)。

以下、80年以上昔のR6(1937)/R25がいるということは……やっぱりR3もいた(1936)へ。

→全文を読む|写真×6点(モーサイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報