教えてネモケン[ライドハイ]

【Q&A】カウル付き、それともネイキッド?

  • 2020/12/31

●文:ライドハイ編集部(根本健)

頑張って免許を取得して、はじめての愛車を買おうとしたとき、憧れたカッコいいカウル付きのバイクが良いか、はたまた教習所で慣れたネイキッドでフツーのバイクから乗りはじめたほうが良いのか、そんなお悩みにお答えします。

A.アップライトが馴染みやすくはありますが……

想像されているように、カウル付きのバイクにはビギナーだと乗り越えないとならない壁が存在します。

それはライディングポジション。

カウル付きは、ほとんどがハンドルの幅が狭く位置が低い前傾姿勢になります。

この前傾姿勢は、ビギナーだと両腕で上半身を支えがちで、これがハンドルに無用なチカラを加えてしまい、バイクが少しでも傾くと曲がろうとする基本原理を妨げがちです。

またハンドル持つ両手がすぐ痛くなったり、腰が辛くなる人も少なくありません。

それにカウル付きだと目の前の真下の路面が見えず、ビギナーには不安要素を増やしてしまいます。

でも、カウル付きのバイクのメリットもあるのです。

→全文を読む(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ