かつて存在した二輪メーカー|モーサイ

かつてトヨタはバイクを販売していた! 悲運の「トヨモーター」興亡史

●文:モーサイ編集部(高垣)

現在国産バイクを売っているのは、ホンダヤマハスズキ、カワサキの4社で、「国産4メーカー」などとも言われる。だが、戦後〜1960年ごろにかけては100以上のバイクメーカーが日本各地に点在しており、四輪メーカーのトヨタもディーラーでバイクを販売していた。

「ローランド号」や「キャブトン号」がルーツ

四輪メーカーのトヨタがディーラーでバイクを販売していた……とはいうものの、バイクを製造をしていたわけではなく、刈谷町(現:刈谷市)にあった「トヨモータース」という会社の「トヨモーター」というバイクを売っていたのである。

創業者の川真田和汪(かわまた・かずお)は、20代のころから独学で内燃機関を勉強しており、日本初の前輪駆動式小型自動車、「ローランド号」の開発に携わっていた。そこからトヨタの創業者である豊田喜一郎氏と交流が生まれ、1942年からはトヨタ自動車の研究所に嘱託職員として勤務するようになった。

戦後はみづほ自動車製作所(「キャブトンマフラー」の語源となったキャブトン号を作った名古屋のバイクメーカー)と自転車用補助エンジン「ビスモーター」を製作。

その後、日新通商(現:豊田通商)、刈谷工機(旧:トヨタ工機、現:ジェイテクト)から資金的、設備的な支援を受けながら改良を重ね、1949年に独自の自転車補助エンジン「トヨモーター」を完成させ、同年にトヨモータースを立ち上げた。

→全文を読む|写真×29点(モーサイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報